09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

◆『澄んだブルーに魅せられて』アイリス・ジョハンセン

◆『澄んだブルーに魅せられて』アイリス・ジョハンセン(二見文庫)
 財閥の御曹司で元スケート選手のボウは、カリブ海を気ままにクルーズしていた。ある島国に立ち寄った時に出会ったのは、ケイトという女性。自分の危険も顧みず友人を助けようとする彼女につい協力してしまう。彼女と一夜を過ごす約束をして。("Blue Velvet" by Iris Johansen, 1985)
・〈セディカーン〉シリーズ



 目的をなくした元アスリートの金持ちドラ息子がダラダラと暇つぶしクルーズしていたら、たまたま寄った小さな島国で運命の女性に出会う物語。
 島国を実質支配しているのは麻薬組織で、それに取り込まれそうになる親代わりの男を助けようと無茶するヒロインを助けるヒーロー。
 最初の方は勢いにまかせた展開で、このまま目が滑っていくのかしら(´-ω-`)、と思っていたのだが、ヒロインが面白いキャラというか、とにかくいい子で、最後はけっこう泣けました。その泣けたシーンに出てくるのが『ふるえる砂漠の夜に』のヒーローだというのは、あとがきで知ったよ……。名前なんか忘れちゃうよね(´ω`;)。でも、いい奴であるのは確かだ。
 ヒロイン、暴力こそなかったけど、母親に捨てられ、学校にも行かせてもらえず、親代わりの男(母の元彼)から最低限の世話だけしてもらって大きくなる。なのに、奇跡のように真っ直ぐ育ち、家族がいないかわりに友だちをとても大切にする。それこそ、「自分の身はどうなってもいい」と本気で思ってる。
 そのいじらしさにヒーローは、

「もっと自分を大切にしろ! ていうか、俺に大切にさせろや(゚Д゚)ゴルァ!!」

 と激怒しながら、うまく気持ちが伝えられない。彼もだいぶとっちらかっています。何も知らない彼女をこのまま自分のものにして、いいものか──いろいろな教育を受けたり、様々な人との出会いを邪魔してしまうのではないか、と悩む。ヒーローもいい奴です。
 軽い読み口ですが、なかなか切なくて楽しかったです。
(★★★☆)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー 二見文庫 ★★★☆ シリーズ

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫