Top Page › 読書の感想 › リンダ・ハワード › ▲『見知らぬあなた』リンダ・ハワード

2009 · 03 · 27 (Fri) 21:23

▲『見知らぬあなた』リンダ・ハワード

▲『見知らぬあなた』リンダ・ハワード(二見文庫)
『ブルームーン』─不思議な力のある治療師のライラは、ある日家にやってきた保安官のジャクソンと“生涯の恋人”になることを知る。
『夢のほとり』─休暇を過ごすため夏の別荘を訪れたシーアは、挨拶に来た隣人のリチャードを見て息をのむ。彼は、ずっと自分を悩ませていた夢に現れる男性だった。
『白の訪問者』─ブリザードが吹き荒れる夜、凍死寸前の男がホープの家に助けを求めてくる。正体が知れないまま、一夜を過ごしてしまうが……。

 3作品入った短編集。一応、マークはパラノーマルにしておきましたが、最後のは普通のです。っていうか、状況は全然普通じゃないけど(`Д´)。
 それぞれが独立した短編ですが、筋立ては皆よくあるもので──うーん、短編小説の面白さを楽しむというより、手っ取り早くロマンスを味わいたい人向けかな? けどまあ、息抜きに読むにはぴったり。リンダ・ハワードらしさは随所にあったし、短いから、ささっと読めて一区切りつけるし。どれがいいとか、そういうのは決められませんが。みんなおんなしくらいです……。
 あっ、3作の共通点見つけた! ヒーロー「前戯なし」(´∀`;)。あんたたちいったい……orz
(★★★)
[Tag] * パラノーマル * 二見文庫 * ★★★

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント