Top Page › 読書の感想 › デビー・マッコーマー › ◆『二人だけの楽園』デビー・マッコーマー

2013 · 08 · 16 (Fri) 14:39

◆『二人だけの楽園』デビー・マッコーマー

◆『二人だけの楽園』デビー・マッコーマー(ハーレクイン)
 二年前に夫を亡くしたベスは、友人家族と一ヶ月のバカンスを過ごすため、息子とともにスプルース島を訪れた。だが、友人の夫が怪我をし、島へ来られなくなってしまう。かわりにジョンという男性とその娘がやってくる。彼もまた、離婚したばかりだった。("Private Paradise" by Debbie Macomber, 1998)
・アンソロジー『サマー・シズラー2007 真夏の恋の物語』

 再読です。
 互いに配偶者がいなくなった境遇な上、十代の子供もいるので、ひと夏美しい島で擬似家族のような生活を送るお話です。
 どちらも配偶者に裏切られている真面目な男女で、子供たちもいい子だったから丸く収まったという感じですが、本当の物語はこの夏以降のことだよね……。確かにキスまでいったけど、とりあえずは「お友だちから」という雰囲気に近いのではないか。いや、遠距離恋愛にならないように引っ越しのことまで考えているから、もう少し踏み込んでるかな?
 どちらにしろ節度を持った大人の恋ですが、これが日本人同士だったらどうなるのか、と考える。
 まあ、概ね気持ちの動きとしては変わらないんじゃないかと思うけど──浜辺で二人だけでいる時、くっつける気マンマンの子供たちが双眼鏡でのぞいているのをわかってて、

「あの子たちに見る価値のあるものを与えてやるべきだと思う」

 ってキスをするのはないよね(´∀`;)。
 ない理由をいろいろ書こうとしたんだけど、結局は「日本人だから」にしかなりそうにないのでやめた(´-ω-`)。キスは挨拶じゃないってことだ。
 あー、それにしても一ヶ月くらいこういう島で何もしないで暮らせたらなあ(´д`;)。
(★★★)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント