Top Page › 読書の感想 › クリスティン・リマー › ◆『夫は億万長者?』クリスティン・リマー

2009 · 04 · 03 (Fri) 19:38

◆『夫は億万長者?』クリスティン・リマー

◆『夫は億万長者?』クリスティン・リマー(ハーレクイン)
 ジェナは再婚するため、別居して数年たつ夫のマックと連絡をとる。離婚のための書類を渡すように迫るが、彼はその前に2週間、2人で過ごしたいと提案してくる。渋々それをのんだジェナだったが、初日に思いがけない出来事が起こった。("The Millionaire She Married" by Christine Rimmer,2000)

『都合のいい結婚III』の一編。
 元サヤもの、夫婦再生ものですが、最近の定番とも言える「機能不全家庭で育ったヒーローのトラウマ解決もの」でもあります。本当に多いよね。いや、それだけ関心高くて、書きやすいというのもあるんだろうけど、ちょっと食傷気味かな?
 一緒に暮らしていた時はヒロインがヒーローに合わせていたけど、限界が来て飛び出して、数年一人でやっていくうちに精神的に強くなり、自己主張できるようになって──というお話。やっぱり、どっちかが我慢した上で成り立ってる結婚生活は破綻するのが当たり前だよね。妥協というと響きが悪いけれど、互いのすり合わせができる環境を作れないと。今までどおり、ごり押しで何とかしようとするヒーローの主張の矛盾を突いてぐうの音も出なくさせるシーンは痛快でした。ヒロイン自身は悲しんでたけど。
 ヒーローのトラウマというか、彼の母親が選んだことは、なかなかつらいものだった。どの人の気持ちも勇気が湧かない事情もわかるから、余計にね。ただ、苦しんだとはいえ罪は消えず。許すことはできてもさ。
 秘密は、バレても笑ってすむような、くだらないものだけにしたい、と心から思います。
(★★★)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント