Top Page › 読書の感想 › クリスティン・リマー › ◆『ドクターの贈り物』クリスティン・リマー

2009 · 04 · 03 (Fri) 19:39

◆『ドクターの贈り物』クリスティン・リマー

◆『ドクターの贈り物』クリスティン・リマー(ハーレクイン)
 レイシーは一人で子供を産むため、親戚の牧場に身を寄せていたが、子供の父親であるローガンが前触れなくやってくる。彼は「結婚して故郷へ戻ろう」とレイシーを説き伏せようとするが、彼女はそれをどうしても受け入れられない。("The M.D.She Had To Marry" by Christine Rimmer,2000)

『都合のいい結婚III』の一編。
 同じ本に入っているということで、『夫は億万長者?』の続きです。ヒロインはジェナの妹で、ヒーローはジェナの元婚約者。
 どういう状況で2人がくっついたのか、いまいちわからなかったり……慰めてるうちに盛り上がった、というのはわかるんだけど、前作を読んでいるとヒーローがあまり魅力的には思えない。「堅物先生」というあだ名のとおり、ちょっと融通のきかないヒーロー。
 まったく別々に、少し時間を空けて読んだら、印象が変わったかも、と思います。でも、けっこうきっちりつながっているので、それはそれで前作を忘れてしまいそうだし……ううむ、ちょっと微妙だ。
(★★☆)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント