Top Page › 読書の感想 › ダイアナ・パーマー › ◆『初恋にさよなら』ダイアナ・パーマー

2013 · 12 · 26 (Thu) 20:43

◆『初恋にさよなら』ダイアナ・パーマー

◆『初恋にさよなら』ダイアナ・パーマー(ハーレクイン)
 小さな牧場を経営しているダナは、父の遺言書に戸惑っていた。この内容を、いつ隣の大牧場主であるハンクに打ち明けよう。ダナは彼を愛しているが、ハンクはよき友人としてしか自分を見てくれない。なのに、離婚した妻がこちらへやってくる間、恋人のふりをしてほしいとハンクから頼まれたダナは、なりゆきで偽装結婚をすることになる。("Paper Husband" by Diana Palmer, 1996)
・アンソロジー『サマー・シズラー2007 真夏の恋の物語』
・〈テキサスの恋〉シリーズ第21作

 再読です。
 あらすじ、わかりにくいよね……。
 ヒロイン父の遺言書には、定番の「娘と結婚しないと云々」という無茶なことが書いてある。それ読んで激怒するヒーロー。なぜなら彼は、前妻にいまだに未練があるから。前妻は、お金が思う存分使えないヒーローと別れて、裕福なヒーロー友人と再婚してしまったのです。
 しかしこれも定番、今羽振りがいいのはヒーローの方。彼にその気があれば、彼女とまた結婚することもできる。しかし、そんなのはプライドが許さないので、ヒロインに恋人のふりを頼んでからの偽装結婚、という流れ。
 未練があるなら、こんなこと頼むのはおかしくね?(゚Д゚)
 まあ、未練じゃなく、単なる恨みなんだけどね。

「あんなふうに俺を振った女にギャフンと言わせたい!」

 という他人から見ればどうでもいいプライドですよ。それに巻き込まれる優しすぎるヒロイン。怒ったりもするのですが、すぐに許してしまう。ちとイライラ。
 そしてヒーロー、とにかく無神経な男だった。デリカシーゼロ。
 何でも話せる親友だから、みたいにヒロインを扱ってるのはいいとしよう。前妻のことが忘れられないというのを彼女に話すのも、この際大目に見よう。
 でも、

「前のカミさん、なかなかやらしてくんなくてさあ〜ヽ(`Д´)ノ」

 そんなことを声高に言うってどうなの? 何、「俺は若い頃、性欲が人一倍強くて」とか言いたかったの? 自慢? 自慢なの?
 ヒロインが恋愛に疎く、優しくて諌めたりしないもんだから、上っ面しか考えていないということを誰も指摘しないのです。
 前妻を前にすると、男としてクラッと来たりもするし。
 自分の気持ちに絶対の自信があるように言いつつ、結局優柔不断なのよね。顔はいいけど残念な奴だ(´д`;)。

「ここだけ直してくれれば、いい人なんだけど」
 というところを持つ人というのは、たいてい直らないものです、現実には。それがあるから、他のところがよく見えるとも言えるし。
 けど、ハーレは──特にダイアナのには、それが「直る」というファンタジーがある。そこが彼女の人気の一つなのかなあ、と今回思いましたよ(´ω`)。
(★★★)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-12-27-10:36

- URL [ 返信 ]

ありがとうございます〜

 コメントありがとうございます!
 あのシーンは、自慢できるのがヒロインだけだからって、誰もいない牧場の真ん中でくわしく説明しなくたって、と思いましたよ(´д`;)。
 私の記事が少しでもお役に立っていれば──と思います。また遊びにいらしてください!
2013-12-27-15:42

三原白 http://miharashiro.blog5.fc2.com/URL [ 返信 * 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-12-27-20:04

- URL [ 返信 ]

ありがとうございますっ

 コメントありがとうございます。
 出版社さんには悪いのですけど、ここは一つ私が人身御供になって、みたいな気持ちがあったりなかったりしますですよ(^^;)。読んで確かめる、みたいな。
 そして、そうですよね。やっぱり「ここさえ直れば」というのは、なかなか叶えられないものですよね……orz
2013-12-28-16:08

三原白 http://miharashiro.blog5.fc2.com/URL [ 返信 * 編集 ]