Top Page › 映画の感想 › 新作の感想(2013) › □『クロニクル』

2013 · 12 · 27 (Fri) 09:34

□『クロニクル』

『クロニクル』"Chronicle" 2012(Blu-ray)
 高校生のアンドリューは、いとこのマットらに連れてこられたパーティー会場近くの森で、ひょんなことから不思議な力を手に入れる。手を触れずに物を動かし、自分の身体をも空に飛ばすことができる力に彼らは夢中になるが、あるきっかけで次第に暴走し始める。(監督:ジョシュ・トランク 出演:デイン・デハーン、アレックス・ラッセル、マイケル・B・ジョーダン他)

 家族が真っ先に、
『AKIRA』に似てる」
 と言ってましたが、もうすっかり忘れてしまっていた。こういう話だったっけか……。
 私はというと、思い出したのは『キャリー』。でもこの二つとも、監督は影響を受けたそうです。なるほど~。
 高校生でまだ子供だから、すごい力を手に入れて舞い上がっちゃうわけです(気持ちはわかる)。その中でも、父からの暴力と母の病気という不安定な家庭&学校でのいじめなどで、もっとも怒りを溜め込んだアンドリューが暴走し始める。
 この作品の特徴は、基本的にアンドリューが自撮りするビデオカメラ映像で構成されているところです。力を手に入れる数日前に、急にそう思い立ったらしい。ブログに動画を載せている同級生の女の子がいたから、それに影響されたんでしょうかね?
 彼の視点が入らないところは、その女の子が撮った映像や監視カメラ、誰かのスマホやタブレットの映像やらテレビの中継やら、そういうもので補う。後半になってくると彼はカメラすら自分で動かすので、アングルは多彩です。
 そこら辺は、すごく最近っぽいと思った。『クローバーフィールド』でのビデオカメラを使った映像を見た時は、「これはやったもん勝ちだ」から二度と使えないと思ったけど、まだまだアイデアはあるものですね。ていうか、動画がきれいに撮れるようになったからだよね。スマホで充分なんだもの(´・ω・`)。
 そしてまたこれもティーンズホラー映画。向こうはこういうものがいつでも求められているんだろうか。若い子は怖い話とか好きだしね……。とてもわかりやすい刺激でもあるし。
 そう、若かったらもっと面白がれたかもしれないよね……。『AKIRA』も『キャリー』も知らなければ。ま、『AKIRA』は忘れてましたけど(´ω`;)。
(★★★)
[Tag] * ★★★

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント