09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

▼『溺れた人魚』シャロン・サラ

▼『溺れた人魚』シャロン・サラ(MIRA文庫)
 麻薬取締局の覆面捜査官ケリーは、密売組織に潜入していたが正体がバレてしまい、拷問を受ける。監禁されていた船からなんとか逃げ出した彼女を保護したのは、テキサス・レンジャーのクイン。彼は裁判が行われるワシントンまでケリーを送ろうと申し出たが、組織のボスが彼女の首に莫大な懸賞金を賭けてしまう。("Casized" by Sharon Sala, 2003)
・アンソロジー『ミステリー・イン・ブルー ─危険な饗宴』



 シャロン・サラのヒロインって、あんまり印象に残らなかったような気がしますが、この作品のヒロインは気骨とユーモアがあって強い。
 とはいえ短編だし、ロマサスだし──ということで、そんなに堪能はできませんでした。
 これを読んですごく感じたのは、「逃げながら移動する」という行為をする場合のアメリカと日本での違い。日本だと人の多い都会や、公共機関を利用するんだろうけど、正反対って感じだった。車移動にあんまりにもこだわるので、

「電車乗ったら?(´ω`;)」

 とつい思ってしまいましたが、あちらは列車移動はマイナーな手段らしいですね。かえって目立つということだ。広すぎるね、アメリカは……。車移動だと何日もかかるし。
 あと、ヒーローが割とヘマしてたな(´・ω・`)。しかも私にもわかるような初歩的な奴。
 いや、それはあのオチがなかったらそれほど気にならなかったかもしれない。なんかこう……「夢オチ」並みのガッカリ感というか。特に伏線もなかったし。
 確かにあれは最終手段なんだろうというのはわかるけど、わかるけどさ、言いたくなるよね。

「最初からそれ使えよ!(゚Д゚)」

 死んじゃった人がかわいそうでした(´・ω・`)。
(★★☆)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ MIRA文庫 ★★☆ アンソロジー

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫