09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

◆『琥珀の精』サラ・クレイヴン

◆『琥珀の精』サラ・クレイヴン(ハーレクイン)
 モデルのリサは、義妹ジュリーから「結婚するのでブライズメイドをやってほしい」という手紙を受け取る。二年前のある夜、義兄のデーンから受けた仕打ちを忘れられないリサは実家へ帰りたくなかったが、優しい義父には会いたい。しかたなく里帰りしたけれども、デーンは相変わらずリサに冷たく、軽蔑したような態度を取る。("Dark Summer Dawn" by Sara Craven, 1981)



「ザ・鬼畜」という感じのヒーローですな(´д`;)。とにかく、ヒロインの言うことを全部悪くとる。何を言っても信じない。頭おかしいのかってくらい、意固地な奴。
 ていうか、二年前の「仕打ち」って(裏表紙のあらすじにも書いてあるけど)、レイプですよ。ヒーローはヴァージンだとわかんなかったというアホタレです。薄々感づいていても、言い出せないし謝れなかった超ヘタレでもある。
 この時点でかなりクズなので、普通は冷めると思うけど、ハーレはそんなふうにはならないのね(´・ω・`)。そして生まれていくドアマット・ヒロイン。しかも、義妹もその相手も相当ひどい。唯一まともなのは義父なんだけど、彼は病気なので、みんなそれをだしにしてヒロインを脅す。もう袋叩きですよ。
 でも、こういうドアマット・ヒロインが好まれて読まれるのも確かではある。それは、ただただヒーローへのしっぺ返しを楽しみにしているから、ということにほかならない(少なくとも私はそうだ!ヽ(`Д´)ノ)。
 しかし、この作品はかなり後半になってようやくヒーローが気づく。

「これしかページ数残ってないのに、どうすんの!?(´Д`;)」

 と思ったら、やっぱり反省が足りない……。いや、気持ち的にはけっこう深く悔いているとは思うんだけど、ヒロインがあっさり許しすぎなんだよね。だから、

「私にそんなすばらしい愛情を受ける資格があるだろうか」

 というヒーローのセリフに私、

「ねえよ!(#゚Д゚)」

 と全力でツッコんでしまった。ここで許さず、ボロボロのまま泳がせよ!
 もうひと盛り上がりがほしかった……。それがあったら、もっと満足しただろうなあ。ヒロインのドアマットぶりは、なんだかんだ文句を言いつつ、楽しんでしまっていたのでね(´・ω・`)。
(★★★☆)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます

 コメントありがとうございます。
 いい感じに反省はしているのですが、もう少しヒロインが厳しいといいなあー、と思いました。枚数の問題もあるんで仕方ないのかもしれませんが、それにしても残念でしたよ(´・ω・`)。
「次こそは厳しい制裁が加えられるかも!」と思って、ついつい読んでしまうんですよね、きっと……。
Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫