Top Page › 読書の感想 › ダイアナ・パーマー › ◆『雪舞う夜に』ダイアナ・パーマー

2014 · 02 · 09 (Sun) 11:37

◆『雪舞う夜に』ダイアナ・パーマー

◆『雪舞う夜に』ダイアナ・パーマー(ハーレクイン)
 ロマンス作家のケイティは、ルームメイトのエイダの兄イーガンとは犬猿の仲。なぜか会うたびに言い争いになってしまう。それというのも、彼がケイティのことをロマンス小説のヒロインのように奔放でふしだらな女だと思っているからだ。そんな彼をエイダはクリスマスに家へ招くと言う。いったい私はどんな態度を取ればいいの?("Heart Of Ice" by Diana Palmer, 1984)

 ヒーロー、アホちゃうか?(゚Д゚)(私、関西人じゃないですが)
 とマジで言いました。小説家が主人公と同じことしてるって思い込むなんて、いつの時代の人だよ。そしたら(お決まりだけど)ミステリー作家は人殺しじゃないと書けないじゃん。教養がないわけでもないのに、どうしてそうなるの?
 アホというか、最初っからこのヒーローはおかしい。口ゲンカにしても、モラハラは悪口の範疇なんだろうけど、ここぞとばかりにめっちゃセクハラするんだよね。ただのエロおやじですよ(-ω-;)。とにかくヒロインに腹が立って腹が立って仕方ないので、なんでもいいから思いついたことを口にすると結果セクハラになる。
 それは多分、彼女の書くロマンス小説を読んで(しかもエロいところだけ拾い読みして)、

「どうして俺にこういうことしない!?(#゚Д゚)」

 と潜在意識下で思っていたのではないかと。

「別の男とこんなことしてるくせに、俺を拒否するとはどういうことだ!?ヽ(`д´#)ノ」

 そういう怒り心頭なご様子。
 その混乱状態に拍車をかけるのがヒーロー妹。仲が悪い二人の間に立っても何の役にも立たない。そして、ヒロインも気が強いくせに遠慮しいなので、結局グダグダになる。
 最初の方はなんだか嫁(ヒロイン)いびりする姑(ヒーロー)をいさめられない夫(ヒーロー妹)みたいな様相で、三人ともにイライラしました(-"-;)。もうヒロインに対して、

「とっとと襲われろ(`ω´)」

 と思うくらい。(ひどい)
 後半は小説の取材のためにヒーローの牧場へヒロインが行くのですが、ここでも引っ張る引っ張る。ちょっと疲れた……orz
 これまたダイアナらしいと言えばそうなんだけど、少しヒーローがアホすぎたなあ(´・ω・`)。
(★★★)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-02-10-23:14

- URL [ 返信 ]

ありがとうございます

 コメント、ありがとうございます!
 去年出た本(再販)なんですが、本屋さんになかったので、Amazonで買いました(´・ω・`)。
 鬼畜で有名なヒーローらしいですね……。私はなんだか、「変人」みたいに読めちゃったのですが。
2014-02-12-13:55

三原 白 http://miharashiro.blog5.fc2.com/URL [ 返信 * 編集 ]