09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

●『霧に包まれた恋人』ヴィクトリア・ホルト

●『霧に包まれた恋人』ヴィクトリア・ホルト(ラベンダーブックス)
 英国で書店を営む夫婦の一人娘として生まれたヘレナは、母親の故郷ドイツで教育を受ける。18歳の頃、彼女は森で迷い、一人の男性と出会う。帰国しても彼のことが忘れられなかったヘレナは、再びドイツを訪れ、彼と結婚したが──ハネムーンの夜から目覚めた時、彼は消えており、ヘレナの記憶は悲惨な出来事を忘れるための夢だと医師は言う。("On The Night Of The Seventh Moon" by Victoria Holt, 1972)



 いかにもなゴシック・ロマンスです。
 最近のロマンス小説だと思って手に取ると、肩透かしになるでしょう。萌えもあまりない。でも、私はけっこう満足したよ。
 読んでいるうちに、私、ゴシック・ロマンスをちゃんと知らないなあ、と気づいた。とりあえず、『レベッカ』を読もうかしら。映画は見たんだけどね。ずいぶん前だけど……。
 それはさておき、あらすじから予測すると、『幻の女』系の話かな、と思いましたが、そうでもあり、そうでもなかった。後半、思いがけず話が大きくなっていくところが面白かった。あと、もっと何か含みがあるかと思っていた人物が、普通の人だった……。
 てっきり私、あの人はロキだとばかり(´д`;)。
 原題の意味は「第七月の夜」。北欧神話に基づくお話です。いたずらの神ロキが人間界におりてくる夜なので、若い娘が一人でいるとさらわれてしまうよ、という言い伝えがあるのに、一人でお祭りの中をさまようヒロイン。そこに現れるヒーロー(名前はマクシミリアン)。連れられていった屋敷で結婚式を挙げ、二人だけのハネムーンを満喫──と思ったら、実はそれは祭りの夜に暴行され、意識を失っている間に見た夢だと言われてしまう。
 しかも妊娠までしていて、出産した子は死産で──前半からヒロインに立ち直れないほどのダメージを与えるし、後半も「えー、これハッピーエンド、無理じゃね?(´Д`;)」と思えるようなフラグが立ちまくる。
 しかも後半にロキみたいなテンション(いや、私はロキのことはほぼ『マイティ・ソー』でしか知らないのですが)の人が現れて──ただひっかき回したいからいろいろやってる、みたいな人だったので、

「ふふふ、私の正体はロキだったのだ〜(・∀・) いろいろいたずらしちゃったよ〜♪」

 とか言い始めると思ったのに……そういうパラノーマル要素はなかったのでした。
 いろいろな意味で楽しめたので、評価はちょいオマケです。恋愛よりも物語を楽しむ作品だよね。「ロマンス」の本来の意味そのままか。
(★★★★)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル ラベンダーブックス ★★★★

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫