Top Page › 読書の感想 › エリン・マッカーシー › ◆『そばにいるだけで』エリン・マッカーシー

2009 · 04 · 09 (Thu) 13:42

◆『そばにいるだけで』エリン・マッカーシー

◆『そばにいるだけで』エリン・マッカーシー(ライムブックス)
 研修医のジョージーは、一緒に働く整形外科医のヒューストンの視線が気になって、最近ミスを連発している。彼にその夜限りの関係を迫られた時、承諾したのは、それで気が済むと思ったからだが、それは大きな誤算だった。そんなある日、ヒューストンが海でサメに襲われ、病院にかつぎこまれる。("Houston,We Have A Problem" by Erin McCarthy,2004)

 明るくて楽しい一作。ヒーローがやたら盛ってどうしようもないので、エロ──いや、HOTなラブコメでした。
 裏表紙のあらすじに「ローリ・フォスター推薦」とあったので、『秘めやかな約束』を思い出したよ。ヒロインの雰囲気は似てます。背が低くてちょっと太めで、容姿にはいまいち自信がないけど、自分の長所やできることはちゃんと自覚していて、心優しい。
 私はけなげでめげないヒロインに弱いので、涙腺がゆるむこともしばしばありましたが、ヒーローがやっぱ頑なでねえ。正直さと頑固さから、ヒロインをだいぶ傷つけてました。こういうヒーローがどう逆転されるのか、というのが楽しみではあるんだけど、ちょっと甘いラストだったかなあ、とは思う。
 あと、ヒーローの怪我がきっかけでうまくいくわけですけど、なくてもヒーローの陥落は時間の問題だったんじゃないか、とも思った。もう少しじれじれした展開でもよかったかも。
(★★★)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント