02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
15
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
   

●『無慈悲な王に手折られし薔薇』アン・スチュアート

●『無慈悲な王に手折られし薔薇』アン・スチュアート(MIRA文庫)
 1768年、フランス。エリナーは、英国の男爵家令嬢でありながら、奔放な母に振り回され、パリの貧民街暮らしを余儀なくされていた。ある夜、有り金を持って姿を消した母を追いかけてローハン子爵フランシスのシャトーへ赴く。このシャトーでは、〈天の御使い〉という禁断の宴が開かれているという。子爵はそこで“地獄の王”と崇められていた。("Ruthless" by Anne Stuart, 2010)
・〈愛と享楽のローハン子爵家〉第1作



 今月の新刊です。Kindleで買いました。
 ひねくれ者のヒーローのおかげで、読み応えのある作品になっていました。派手なことは起こっていないのに、先が気になる。アンハッピーエンドフラグがなかなか折られなくて、緊張感あります。
 自分よりも、美しい妹やどうしようもない母親を優先するあまり、かなりかわいそうな目に合うヒロインですが、このひねくれ者が惚れるだけあって、とても強い子。「自分は不器量(´・ω・`)」というのをことあるごとに言いますが、ヒーローはその痛いほどの献身ぶりと、自分とあまりにも違いすぎる清純さに惹かれる。
 ヒロインの率直な質問を、

「ノンノン、そんなことあるわけないザンス」

 と伊達男を気取ってかわし続けますが、実は周囲に気持ちは全部バレている。気づかないのはヒロインだけ。友だちやヒロイン妹に訊かれると、「ぜってー認めねえ!( ゚Д゚)」みたいな態度になる。
 人によってはヒーローのあまのじゃく加減に腹が立って、読み進めなくなるかも、と思わなくもない。「いつ認めんだよ(-_-;)」と思っていたら最後の方、ほとんどヤケクソのように爆発。いきなりキレてそのまま終わってしまったんで、ちょっと「アレレ(・o・ )」って思いました。
 あと、そこここに地雷臭が。私は特に平気でしたが、クソバカな母が金欲しさにヒロインを利用するという状況は──今でも似たようなこといくらでもある、というのがもう……つらいよね。母親はほんとに選べないもんね……。
 もう一つは、ヒーローがヒロインと出会ってから愛人(というより秘密クラブの会員)とベッドをともにするシーンがあること。私は一瞬怯んだけど、「まあ、別につきあってるわけじゃないし」と思い直す。たいてい「別の女でどうにかしよう」と思っても挫折するのが常だからな(^^;)。
 ある意味、細やかな掟破りが先の展開を見えなくさせているとも言えます。なかなかのリーダビリティで、楽しめました。周囲はいろいろといかがわしいですけど、HOTシーンは実は少なめです。ひねくれ者ヒーローが好きな方はぜひ。
 ところで、ヒーローがヒロインの秘密をいつ知ったのか、よくわからなかったんだよね(´・ω・`)……。私、何か読み飛ばしてる?
(★★★★)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル MIRA文庫 ★★★★ シリーズ

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    01月 | 2020年02月 | 03月
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★★☆ ★★★★ シリーズ ロマンス以外 角川文庫 ★★★☆ ロマンス映画 創元推理文庫 ラズベリーブックス ヒストリカル その他の出版社 ★★☆ 資料用 サスペンス/ミステリ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) MIRA文庫 ★★★ ライムブックス 扶桑社ロマンス 新潮文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫