01
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

▽『ピーター卿の事件簿』ドロシー・L・セイヤーズ

▽『ピーター卿の事件簿』ドロシー・L・セイヤーズ(創元推理文庫)
 貴族探偵ピーター・ウィムジー卿の活躍を描く短編集。「鏡の映像」「ピーター・ウィムジー卿の奇怪な失踪」「盗まれた胃袋」「完全アリバイ」「銅の指を持つ男の悲惨な話」「幽霊に憑かれた巡査」「不和の種、小さな村のメロドラマ」の7編を収録。



 ん十年ぶりに読みましたよ、セイヤーズ……。
 でも、よくよく考えてみたら、私この人の長編、読んでいないかも。昔はよくミステリマガジンに載っていたので、短編を読んでたんだなあ。今回、改めて読んだら、とても面白かったので、長編も読もうかしら。ちゃんとAmazonでも扱ってるし(これはうれしいね)。
 いや、ほんとに楽しかったですよ。とはいえ、ミステリとしてはね……古さもあるので、今はもう無理とか、若い人には「これってどういうこと?」って言われてしまいそうなトリックや、「そ、そのオチはちょっと……(´д`;)」というのもあり。けど、そこに至るまでに起こったいわゆる「奇妙な出来事」が魅力的なんだよね。オチがなければ怪談としての雰囲気たっぷりのものや、オチが見えてもニヤリとさせられるものなど、けっこう私好み。何より、ピーター卿がいいです。貴族としての押し出しにごまかされそうですけど、変人だよね、この人。
 ミステリとして期待して読むと、ちょっとがっかりしちゃうかもだけど、ピーター卿という探偵の活躍というか日常というか、そういうキャラクター小説として読む分には充分楽しめます。私の評価はそれに対してね。
 シリーズ、最初からがんばって読もうかな! 変人萌えな私としたらば、ピーター卿が結婚するまでは! けど、そんな時間あるのか……orz 積ん読本は着々と増えているし、ブログでやりたいことも思いついちゃったし、仕事もあるし。けっこう冊数あるんだよね(´∀`;)。
 それはそうと、巻末解説に載ってたセイヤーズの子供の頃の写真は『麗子像』に似ているなあ──。
(★★★☆)
web拍手 by FC2

tag : ロマンス以外 創元推理文庫 ★★★☆ シリーズ

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    12月 | 2020年01月 | 02月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★☆ ロマンス映画 シリーズ 創元推理文庫 ロマンス以外 ★★★★ ラズベリーブックス ヒストリカル その他の出版社 ★★☆ 資料用 サスペンス/ミステリ ハーレクイン(文庫含む) コンテンポラリー ★★★★☆ MIRA文庫 ★★★ ライムブックス 扶桑社ロマンス 新潮文庫 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫