10
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

◆『悪魔のばら』アン・ハンプソン

◆『悪魔のばら』アン・ハンプソン(ハーレクイン)
 コレットは母親の再婚相手と継姉から家政婦のようにこき使われていた。当時、継姉がつきあっていたのはギリシア人富豪のルーク。二人はコレットの顔にあるあざを嘲笑っていた。コレットはついに母とともに家を出る決心をする。それから数年──ある悲劇と奇跡が、彼女をルークとの再会に導く。("A Rose From Lucifer" by Anne Hampson, 1979)



 今月の新刊『ハーレクイン・ロマンス特選 I』の一編。
 クソみたいな母親の再婚相手と継姉、そしてヒーロー。それでもヒーローに惹かれるヒロインですが、母親のため、そして自分のためにもと優しい人との結婚を決意する。
 好意はあっても愛していない夫に後ろめたさを感じつつも、平穏で運に恵まれた生活には幸せを感じる。ヒーローからもらった(?)一輪のバラを押し花にして大切に保管しているんだけど、夫は彼女を愛しているのでとっても幸せな毎日を送っている。罪悪感を感じる必要はないよね。しかも、結局は幸せなまま死んでしまった。
 三人で車に乗っている時、事故に遭い、夫と母親は死亡。ヒロインは九死に一生を得ますが、何回も手術を受け、その過程であざも消える。
 別人のように生まれ変わったヒロインは、裕福な未亡人となり、気晴らしに地中海クルーズへ行き、そこでヒーローと再会します。
 彼はちっとも変わっていなかった(´ω`;)。クズで浅はかな女たらし。それでもやっぱり好きだと思ってしまうヒロイン。もちろん彼女のことは憶えていませんが、偽名を名乗り、彼の誘いに乗ることにする。
 しかし、つきあってみると思ったよりもクズだとわかる。「こ、これは──まさか百年の恋も冷める展開?(;゚д゚)」と思うほど。でも、ヒロインは粘り強い(あきらめが悪い?)。

「もしかして──もしかしてわたしを愛してくれるかも」

 と一縷の望みを賭ける。しかしそれは、まるで直角近い砂山を登るかのよう。少し浮上してはずるずると落ちていく。
 ついには、

「わたし、あなたが腹の底まで腐りきっていると思いはじめているわ!」

 とまで言ってしまう──かなり後半で。やっと思い始めたのかよ! ちょっと遅すぎんだろ(´д`;)、とツッコんでしまった。
 だが、そのあきらめの悪さのおかげで絶好のチャンスがやってくるのです! このシーンはすごくいい。やっと真人間になった人と、どこまでもクズな奴の対比も鮮やかです。
 いやー、古い作品のクズヒーローは読み応えある。そこからの逆転劇こそ、ロマンス小説の挑戦といえるのではないだろうか。
(★★★★)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    09月 | 2019年10月 | 11月
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★★☆ ★★★★ シリーズ MIRA文庫 コンテンポラリー ★★☆ ロマンス映画 ★★★☆ ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫