Top Page › 映画の感想 › 新作の感想(2014) › □『ゴジラ GODZILLA』

2014 · 07 · 25 (Fri) 21:26

□『ゴジラ GODZILLA』

『ゴジラ GODZILLA』"Godzilla" 2014(7/25公開)
 1999年、謎の巨大生物を調査する芹沢猪四郎博士は、フィリピンである生物の化石を発見する。同じ年の日本では大地震が発生し、原子力発電所に勤務するブロディは技術者の妻を無くす。それから15年後──ブロディの息子フォードは、軍の勤務から帰ったばかりだというのに、発電所事故の真相を探って逮捕された父親を引き取るため、日本へ向かう。ブロディは息子の制止も聞かず、立入禁止区域に侵入する。つかまった二人が見たのは、繭のような巨大生物と、芹沢博士だった。(監督:ギャレス・エドワーズ 出演:アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙、ブライアン・クランストン、エリザベス・オルセン他)

 待望のゴジラ新作を、公開日にIMAX3Dで見てきました!ヽ(´ω`)ノ
 とはいえ、私はそれほどゴジラに愛着があるわけではないのよね。どちらかといえば、大きい怪獣よりも人間大のヒーローを愛する女。あと脇役スキーなので、ゴジラよりもキングギドラが好き。
 とはいえ、ゴジラとムートーと呼ばれる謎の怪獣との戦いはすごくよかった! 怪獣映画だったー!
 ゴジラがいいものとも悪いものとも確定されていないところもよかったな。
 日本がゴジラのような怪獣を描くのには、原爆投下や原発事故のことだけでなく、自然災害に何度もさらされ、何度も負けてきたからとも言える。自然は神そのものであり、豊かな資源をもたらすと同時に荒ぶると手がつけられない。日本人は、神=自然がなるべく荒ぶらないようにと祈り、祈りが聞き入れられない時は潔くあきらめる。台風や地震に戦いを挑もうとは誰も思わないのよね。
 芹沢博士(眼帯なし、オキシジェン・デストロイヤーもなし)はそんなことを言うけど、アメリカ人は聞き入れない(´ω`;)。まあ、勝てる可能性もないわけじゃないかもしれないし。で、余計な手間が増える(´-ω-`)。
 一部には「ガメラっぽい」という意見もあるようですが、ゴジラが人類を助けてくれたようにも見えるので、そう言うのも無理はない。でも、映画の中で説明されていることが本当なら、ゴジラの言い分としては、

「お前らがいると、俺の食い扶持が減るだろうが(゚Д゚)!」

 ということではないかと。
 割と後半のバトルシーンでは、こんなふうに怪獣たちに適当なアテレコをして見ていました。「うちの子に何すんのよおおっ!(# ゚Д゚)」とか。
 人の思惑とは別に、怪獣たちにも都合があるわけです。で、用事が終わってちょっと休んだら「帰る(プイッ)」ということで。

 でもまあ、不満とかツッコミどころもたくさんありました。
 原子力発電所の名前が日本なのにおかしいとか、発電所の周りがすげー都会とか、ハワイでの子供のエピソードは必要なのかとか、渡辺謙がずっと同じ顔をしてるとか(´ω`;)。
 あと前半がちょっと長い。というか、もっと削れるシーン、たくさんあったんじゃないかとか……。
 すべてに満足したわけではないけど、後半の怪獣プロレスが素晴らしいので、かなりオマケしたくなる。
 それから、パンフレット読んで知ったけど、古い作品('70年代まで)の中に『ゴジラ対キングギドラ』ってタイトルの映画、ないのね! 私はずっと、生まれて初めて映画館で見た映画が『ゴジラ対キングギドラ』だとばかり思っていたのです……。だから、キングギドラが好きなのに……じゃあ、私が見たのはなんだったんだ……orz
(★★★★)
[Tag] * ★★★★

最終更新日 : 2014-07-27

Comments







非公開コメント