09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

◆『ボスへの想い』ダイアナ・パーマー

◆『ボスへの想い』ダイアナ・パーマー(ハーレクイン)
 秘書のバイオレットは、ボスである弁護士のブレイクに恋をしている。しかし彼は、若い頃に失った恋人のことが忘れられず、バイオレットを拒否するような態度をとる。傷ついた彼女は弁護士事務所を辞め、ブレイクと犬猿の仲であるデュークの牧場に転職してしまう。("Boss Man" by Diana Palmer, 2005)
・〈テキサスの恋〉シリーズ第32作



 再読です。シリーズのうち何作読んだっけな……。32作目だったんだ……。
 それはさておき、初読当時も今もシリーズの消化は進んでいないので、なんかこう、シリーズ登場人物の顔見世興行みたいな内容には戸惑う(別作品の裏話的な位置づけらしい)。婚家の親戚の集まりに行って、「◯◯が受験だって」「▲▲ちゃんが子供生んで」「□□さんが再検査で」と知らない名前の近況の洪水にさらされる気分と似ている。
 そこを無理やり抜かして、ヒーローヒロインのロマンスに集中すると──さりげなくひどい(´д`;)。避妊しなかったことを棚に上げて、ぐずぐず結婚を渋るのはまあダイアナヒーローですから想定内。ヒーローとその犬猿の仲の男の間を行ったり来たり(職場を、ですけど)するヒロインもひどいっていうか「いいの?(・ω・;)」って気分になるけど、ロマンスではよくある。よくあるっていうのもわかんないな……。
 それより、ヒーローの元恋人が死んだ理由が一番ひどい。議員の娘がパーティで変な薬を入れた酒を飲ませて亡くなったって……。心臓に持病があったかららしいんだけど、この間のこの事件を思い出したよ。この作品みたいに心臓に負担がかかったり、そうでなくてもアレルギーとかあったらどうすんだよって(´・ω・`)……。
 それで議員の娘が捕まらなかったんだから、ヒーローがひきずるのも無理ないかもしれない。
 でも! 途中でそいつが捕まりそうになるんだよね! ワクテカしましたよ!
 でも! そのまま終わっちゃう!
 なんだそれ!(# ゚Д゚) 何読めばこの続きはわかるの!?
 初読の時は気づかなかったよ、こんな終わり方とは!
 いやまあ……いいんですけどね……orz
(★★☆)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆

No title

こんにちは!いつも読んだ気分になる感想を楽しませて頂いてます。
ジュリー・メリルについては、この話と同時進行しているバイオレットの同僚リビーがヒロインの話「冷酷な口づけ」で散々暴れ、殆ど他の作品と関係のないアイヴィがヒロインの話「口づけの行方」で逮捕されたと聞くシーンがあります。
ダイアナ・パーマーは好きでほとんど読んでいるハズなのですが、登場人物が関連している作品が多すぎて既に訳が分からなくー(笑)

ありがとうございます〜

どん。様

コメントありがとうございます!
なるほど、『冷酷な口づけ』と『口づけの行方』ですね。今度探して読んでみます!
〈テキサスの恋〉は一応全部読みたい気持ちはあるのですが、順番にこだわるといつまでも読めない気がするし、集めて読むとなるとまたいつになるかわからないし、という葛藤があります……。
Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫