Top Page › 読書の感想 › ダイアナ・パーマー › ◆『ボスへの想い』ダイアナ・パーマー

2014 · 07 · 28 (Mon) 16:09

◆『ボスへの想い』ダイアナ・パーマー

◆『ボスへの想い』ダイアナ・パーマー(ハーレクイン)
 秘書のバイオレットは、ボスである弁護士のブレイクに恋をしている。しかし彼は、若い頃に失った恋人のことが忘れられず、バイオレットを拒否するような態度をとる。傷ついた彼女は弁護士事務所を辞め、ブレイクと犬猿の仲であるデュークの牧場に転職してしまう。("Boss Man" by Diana Palmer, 2005)
・〈テキサスの恋〉シリーズ第32作

 再読です。シリーズのうち何作読んだっけな……。32作目だったんだ……。
 それはさておき、初読当時も今もシリーズの消化は進んでいないので、なんかこう、シリーズ登場人物の顔見世興行みたいな内容には戸惑う(別作品の裏話的な位置づけらしい)。婚家の親戚の集まりに行って、「◯◯が受験だって」「▲▲ちゃんが子供生んで」「□□さんが再検査で」と知らない名前の近況の洪水にさらされる気分と似ている。
 そこを無理やり抜かして、ヒーローヒロインのロマンスに集中すると──さりげなくひどい(´д`;)。避妊しなかったことを棚に上げて、ぐずぐず結婚を渋るのはまあダイアナヒーローですから想定内。ヒーローとその犬猿の仲の男の間を行ったり来たり(職場を、ですけど)するヒロインもひどいっていうか「いいの?(・ω・;)」って気分になるけど、ロマンスではよくある。よくあるっていうのもわかんないな……。
 それより、ヒーローの元恋人が死んだ理由が一番ひどい。議員の娘がパーティで変な薬を入れた酒を飲ませて亡くなったって……。心臓に持病があったかららしいんだけど、この間のこの事件を思い出したよ。この作品みたいに心臓に負担がかかったり、そうでなくてもアレルギーとかあったらどうすんだよって(´・ω・`)……。
 それで議員の娘が捕まらなかったんだから、ヒーローがひきずるのも無理ないかもしれない。
 でも! 途中でそいつが捕まりそうになるんだよね! ワクテカしましたよ!
 でも! そのまま終わっちゃう!
 なんだそれ!(# ゚Д゚) 何読めばこの続きはわかるの!?
 初読の時は気づかなかったよ、こんな終わり方とは!
 いやまあ……いいんですけどね……orz
(★★☆)

最終更新日 : 2014-07-28

Comments







非公開コメント

No title

こんにちは!いつも読んだ気分になる感想を楽しませて頂いてます。
ジュリー・メリルについては、この話と同時進行しているバイオレットの同僚リビーがヒロインの話「冷酷な口づけ」で散々暴れ、殆ど他の作品と関係のないアイヴィがヒロインの話「口づけの行方」で逮捕されたと聞くシーンがあります。
ダイアナ・パーマーは好きでほとんど読んでいるハズなのですが、登場人物が関連している作品が多すぎて既に訳が分からなくー(笑)
2014-07-28-19:13

どん。 URL [ 返信 ]

ありがとうございます〜

どん。様

コメントありがとうございます!
なるほど、『冷酷な口づけ』と『口づけの行方』ですね。今度探して読んでみます!
〈テキサスの恋〉は一応全部読みたい気持ちはあるのですが、順番にこだわるといつまでも読めない気がするし、集めて読むとなるとまたいつになるかわからないし、という葛藤があります……。
2014-07-28-20:28

三原 白 http://miharashiro.blog5.fc2.com/URL [ 返信 * 編集 ]