09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

◆『結婚の名のもとに』ルーシー・ゴードン

◆『結婚の名のもとに』ルーシー・ゴードン(ハーレクイン文庫)
 秘書のアシスタントをしているブリオニーは、ある日、社長カーライルの娘エマと出会う。二人はたちまち仲良くなるが、カーライルから彼女の命はあとわずかということを聞かされる。娘の望むことをなんでも叶えたいと思うカーライルから、結婚してエマの母親になってほしいと言われる。だがブリオニーには、幼い妹を亡くしたつらい記憶があった。("For The Love Of Emma" by Lucy Gordon, 1996)



 小さな病気の女の子が出てくると、弱い(つД`)……。
 けっこう後半にならないと死亡フラグが折られなくて、ちょっとドキドキしました。
 娘に気に入られたヒロインと契約結婚をするヒーロー。ヒロインは同じくらいの妹をつい最近亡くしており、「もう一度あの悲しみを味わうのはつらい」と思い、いったんは断りますが、娘もいい子だし、ヒーローのことも気の毒だしで、結局は結婚してしまう。
 ヒーローは「娘は何も知らない」と思っているのですが、実は何もかも承知している。自分が死んだあと父親が淋しくないように、奥さんを世話したとしか思えない(´・ω・`)。自分のわがままが通るとわかった上で、二人を強引にくっつける気まんまん。
 娘が具合が悪いうちはそれなりに(表面上は)楽しく暮らすんだけど、死亡フラグがなくなるととたんにぎくしゃくしてしまう。
 ヒーローもヒロインも、なんだか頑固で遠慮がち。一貫した筋を通す態度も、無理やり問いただすこともないところは、ちゃんとした大人だからこその欠点と言える。まあ、気持ちはわかるんだけどね(´ω`;)。
 二人をじっと観察してきた娘に説得されて、やっとヒーローがヒロインを迎えに行く。
 その時の説得方法が、子供特有のある存在に対する認識の仕方なのが、とてもよかった。子供はみんなああなんだろうか……。私は持っているものが少なかったので、個別にしか認識していなかったような気がする……。
 ルーシー・ゴードンも子供書くのがけっこううまいよねえ。
(★★★★)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫