Top Page › 映画の感想 › 新作の感想(2009) › □『新宿インシデント』

2009 · 04 · 22 (Wed) 08:40

□『新宿インシデント』

『新宿インシデント』(4/21試写会 5/1公開)
 日本に行ったまま行方不明の恋人を探すため、密入国をした鉄頭。新宿・歌舞伎町で働くうち、次第に裏社会に身を置くようになるが、ヤクザの幹部を助けたことから、彼の運命はさらに変わっていく。(監督:イー・トンシン 出演:ジャッキー・チェン、竹中直人、ダニエル・ウー、加藤雅也、他)

 どうしちゃったの、ジャッキー!
 ……って感じの映画です。あらすじを読むとわかりますけど、まさにヤクザ映画でね。襲われても、カンフーで戦ったりはしません。ボコボコにされちゃって、ちょっと悲しくなる……。
 とても真面目な社会派映画でした。映画として、ジャッキー以外の売りがあるのか、と考えると、うーん……。でも、彼がプロデューサーなんだよね。ジャッキーにもいろいろ言いたいことや変えたいことがあって、作りたかった映画だったに違いない。中国では「暴力的だから」って理由で公開中止になったらしいけど、日本でも中国でも見てもらいたかったんじゃないかな。
(★★★)
[Tag] * ★★★

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント