Top Page › 映画の感想 › 旧作の感想 › □『ワールド・ウォーZ』

2014 · 09 · 09 (Tue) 10:15

□『ワールド・ウォーZ』

『ワールド・ウォーZ』"World War Z" 2013(Blu-ray)
 元国連職員ジェリーは、子供たちを学校へ送るため、妻とともに車に乗っていた。その時、突然爆発が起こり、人々が逃げ惑う。混乱の中、彼は噛まれた人が12秒後にゾンビになる光景を目撃する。軍の空母に逃げたジェリーたちだったが、家族を保護するかわりに調査員として復帰してほしいと請われる。彼は、ウィルス学者とともに韓国の米軍基地へ向かう。(監督:マーク・フォースター 出演:ブラッド・ピット、ミレイユ・イーノス、ファナ・モコエナ、ダニエラ・ケルテス他)

 いろんな意味で微妙な映画であった……。
 B級ゾンビ映画としてなら、まあまあな出来です。噛まれて12秒後に人を襲うとか、超速な走り(絶対生きてる頃より速いだろ(´ω`;))や怪力など、反則というか風情のないゾンビには今時感がある。オープニングのスピーディな展開と絵面はA級です。
 でも、主演はブラピなのよね……。こんなトホホな映画に出ていいのかよ、と思ったら、本人が製作に入ってるよ orz 作りたかったのね……じゃあ、これでいいのか(´ω`;)。
 いや、ダメだ! もっとバカにするか、もっとシリアスにするか、思い切った脚本が必要だったと思うね!
 ていうか、調査を始めたところまではシリアス展開だと思ってたんだけど、ウィルス学者が死んじゃうところであ然( ゚Д゚)としてしまったのよね。いや、その展開自体は別にいいんだけど、死因がひどい。こ、こ、ころ……殺されるんじゃなくて、転んで死んじゃうなんて!(正しくは転んで銃が暴発)(反転でネタバレ)

「え、何この展開……?(゚Д゚)」

 と思っていたところに畳み掛けるように自転車のシーンですよ! いや、わかるけど! わかるんだけど! 笑うだろ、それ!
 しかもなんかみんな雑で。基本、雑と凡ミスで話が回るから、B級感がハンパない。
 予告なんかでよく出てきた壁を登るゾンビたちのシーンは、「『進撃の巨人』もこれくらいの迫力で実写化してくれてたらいいなあ」と思いましたが、ああなる原因もね……どうも微妙で(´-ω-`)。
 飛行機のシーンもなんか変だった。ブラピが真面目にドリフのコントをやってるみたいな雰囲気。カバンでどうにかなると思う方がどうかと思うわけですよ(´Д`;)。
 そんなこんなで、ワクチンの手がかりもけっこう簡単に手に入り、バカなのかシリアスなのかわからないまま、「俺たちの戦いはこれからだ!」(ほんとにそんなこと言ってたな)みたいに映画は終わる。
 木曜洋画劇場か午後のロードショーで見ていたのなら気にならないモヤモヤが残りました。家族がBlu-ray買っちゃったのよっヽ(`Д´)ノ
 実は私、ブラピの映画ってあんまり見てないんだよね。『ファイト・クラブ』と『12モンキーズ』(主演じゃねーし)くらいしか憶えてない。彼を見るための映画としても、あんまりかっこいいシーンはないし……でも、彼自身がゾンビ映画を作りたかったのなら、そんなシーンは必要ないわけだし……ほんと、何をしたかったんでしょうか。
 出来としては「★★☆」なんだけど、大スター主演のトホホ珍作ということで、迷ったあげく少しオマケしておきます。
(★★★)
[Tag] * ★★★

最終更新日 : 2014-09-09

Comments







非公開コメント

No title

トム・クルーズの「宇宙戦争」みたいですね!!! 私も「宇宙戦争」のDVD買ってしまって。。金返せ~的な気持ちになってバザーに出してしまいました(笑)。スッキリ!
2014-09-13-21:04

咲 URL [ 返信 ]

トホホ映画

 こんにちは。コメントありがとうございます!
『宇宙戦争』、まだ見てないんですよね〜。家族から「見ろ」と言われているのですが、多分にトホホ要素がありそうな気が──やはりそうですか。では、そのように割り切って(´ω`;)見ることにいたします!
 それはそれで楽しい気も……するような……でもやっぱダメかしら……orz
2014-09-14-09:19

三原 白 http://miharashiro.blog5.fc2.com/URL [ 返信 * 編集 ]