11
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
14
15
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

□『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』"Guardians Of The Galaxy" 2014(9/13公開)
 1988年、地球。母を失ったショックで病院を飛び出した9歳の少年ピーターは、突然現れた宇宙船に誘拐される。それから26年後、彼は宇宙を股にかけるトレジャーハンターになっていた。廃墟の惑星モラグで手に入れた謎のオーブを巡って賞金首になったピーターは、刑務所で出会った仲間たちと一緒に宇宙を救う羽目に陥る。(監督:ジェームズ・ガン 出演:クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ、ヴィン・ディーゼル(声)、ブラッドリー・クーパー(声)、デイヴ・バウティスタ、ベニチオ・デル・トロ他)



 いやー、楽しかった!
 面白いと評判は聞いていましたが、期待どおりでした(´∀`)。
 オープニングは泣けるし怒涛の展開。母を亡くして一人ぼっちになったと思ったらキャトられ──は全然意味違う、アブダクトされてしまう。あっという間に26年たち、主人公ピーターは形見のソニーウォークマン(初代!)で母の最強Mixテープを聞きながら、オーブを探す。
 '70年代は、わたし的にはど真ん中ではなく、ちょっと前なのですが、曲はだいたいわかるし、何より母親がそういうテープを作って息子に聞かせていて、それが形見になっているという状況がおじさんおばさんの心をくすぐる。テープなんか絶対伸び伸びだしウォークマンのヘッドも擦り切れてる(´д`;)と思うけど、若い子にはそんなことわかんないし!
 寄せ集めのガーディアンズたちが、みんなそういう悲しい過去を抱えているのがまたほろ苦くてよかったです。特に凶暴なアライグマのロケットと、たった三つの言葉しかしゃべれないグルートがかわいい。「バケラッタ」しかしゃべれないO次郎とその言葉を翻訳するオバQ的な関係が。
 みんな適当、あるいは自暴自棄に生きていて、ひと癖あるというよりいい加減でいまいち信用できない。ダメ人間(人間じゃないのもいる)の寄せ集めなのです。「ヒーロー」というものについてピーターがゾーイ・サルダナ演じるガモーラに語る時に例に出したのが『フットルース』のケヴィン・ベーコンなんだけど、彼だってダンスを自由にしたかっただけのただの高校生です。みんなそんな感じなんだよね。
 ヒーローは、なりたくてなるものではなく、結果的にそうなっちゃうってことも往々にしてある。ほめられてちょっと恥ずかしがってるけど、心の奥では望んでいたことだから、実はすごく喜んでいる子供のような彼らが愛しい。
 最後は『5時に夢中!』で締めくくられた肩の凝らない娯楽SF映画のあとは、マーベル・シネマティック・ユニバースのオマケも楽しめます。意外なキャラが登場してた。アレも映画化するの!? みんなが「つまんない」って言うから、昔の奴見てないんですけど(´ω`;)。
(★★★★☆)
web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★☆

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    10月 | 2019年11月 | 12月
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★★ 創元推理文庫 サスペンス/ミステリ ハーレクイン(文庫含む) ★★☆ コンテンポラリー ★★★★☆ シリーズ MIRA文庫 ロマンス映画 ★★★☆ ★★★ ライムブックス ヒストリカル 扶桑社ロマンス 新潮文庫 資料用 角川文庫 ロマンス以外 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫