09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

●『あなたに出逢うまで』ジュディス・マクノート

●『あなたに出逢うまで』ジュディス・マクノート(二見文庫)
 霧がたちこめるある晩、名高い貴族である伯爵スティーヴンは車道に突然飛び出してきた男性を轢いてしまう。自らに過失はなかったが、その彼の婚約者が米国から来ると知り、出迎えることに。翌日、港では教師のシェリダンが途方に暮れていた。付き添っていた令嬢が船中で知り合った男性と駆け落ちしたのだ。そこへシェリダンを令嬢と誤解した伯爵が“婚約者”の死を知らせるが、その直後シェリダンの頭上に積荷が──。三日後、彼女は伯爵の屋敷で意識を取り戻すも、すべての記憶を失っていて!? ("Until You" by Judith McNaught, 1994)



 面白かったけど、いろいろ気になることが多かった……。
 一つは、あらすじ(珍しく裏表紙のを転載してある)を読んで「面白そう!」と図書館で借りたら、シリーズものの最後だった(´・ω・`)。なるべく順番どおりに読みたい、というか、そう努める方なので、少し落胆。前の作品の登場人物もたくさん出ていたみたいだしね。わからなくても問題ないですけど。いつもなら、あとがきで確かめるのに忘れてしまった……。
 他にもあるけど、とりあえずまとめて集約するとヒーローですよ。なんだかムカつく男でねえ(-ω-;)。お話のめんどくささが、彼をよりめんどくさくしている。
 意識を戻したヒロインに、ヒーローは「君の婚約者(本当は違うけど)は死んでしまった」と言えず、あげくに彼女が彼を婚約者だと思い込んでも否定できず、という状況に陥る。
 医師からの助言があったとはいえ、ここの嘘って必要だったのかな、と考えてしまう。結局、

「自分が婚約者を死なせてしまったことを、彼女に知られたくなかったから」

 ってだけなんじゃね? と思ったんだけど(´д`;)。理由は、「嫌われたくないから」
 医師にしても周りの人間にしても、「二人が惹かれ合ってるみたいだから、くっつけちゃおう!」と盛り上がっていて、善意からなのはわかってるけど、そういうのって余計なお世話だよなあ、と。
 そういうのがなければ、ヒロインが記憶を取り戻してすぐ、ヒーローではなく「事情を一番話してくれそうな人」なところに駆け込むという事態も避けられたはず。
 初っ端は最低限の嘘──「婚約者は今は君のところへ来れない」みたいなのだけでよかったんじゃない? それでも充分物語になったと思うのに、どうして嘘に嘘を重ねるしかない、こんなややこしい話にしたのか。彼だって気の毒な状況なのに。
 作者の意図だとしても、なんかこう、ヒーローが浅はかに見えちゃうのよね……。お貴族さま的な発想で「自分の思うとおりになる」みたいにしか考えてないというか……思いどおりにならない(思い込みですけど)と怒ってすねるとか、了見狭いよな(´-ω-`)、と思ったり……。
 設定だけ見ればラブコメなんだから、どうせややこしくするならそれを生かしてほしかったのよねー。
 ここまでずっとけなしてますけど、面白いってのも確かで、それがまた困る(-_-;)。
 ちょっとモヤモヤが残る作品でした。
(★★★☆)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル 二見文庫 ★★★☆

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫