09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
23
24
25
26
27
28
29
30
   

◆『ビギナーズ・ラック』ディクシー・ブラウニング

◆『ビギナーズ・ラック』ディクシー・ブラウニング(ハーレクイン)
 クレメントは天才的な科学者で、仕事も順調だが、思春期の頃のひどい体験のため、まともにしゃべれる異性は大おばのハティーしかいない。そのハティーの山荘で一人過ごしていると、彼女の友人らしきマーサという女性がやってくる。マーサは何かに怯えているようだ。クレメントに初めて「自分が守ってやらなければ」という気持ちが生まれるが──。("Beginner's Luck" by Dixie Browning, 1989)



 ヒーロー、天才なので15歳で大学院へ進んで、年上に囲まれて過ごす。友だちもできないわけです。で、きれいな年上のお姉さんに惹かれるのですが、それを周りに気づかれ、パーティの余興みたいなさらし者になる。そこで初体験をしたのかどうか、本人にもわからないという(´・ω・`)……。いじめだよね、これって。
 それ以来、女性には極力近づかないようにして、深い関係も避けて──32歳。環境打破を図らないわけではないけど、うまくいかないし、「まあ、いいや別に(´・ω・`)」という気分。
 そこへ現れたヒロインに惚れて、なんとか振り向いてもらおうといっしょうけんめいになるお話です。とはいえうまく話せないというか、会話自体が苦手って感じで、ヒロインをイライラさせたりする。
 そうは言っても、ヒロインは年上の友だちハティーの又甥っ子(ヒーロー)の肖像画にずっと惹かれていたので、なんとか彼を理解してうまく会話ができるように気をつかう。でも、彼は天才だから、「自分とはかけ離れてるし、ちゃんと経験を積めばもっといい人と出会うことも可能だよね(´・ω・`)」と半分あきらめ気味。
 二人のぎこちない会話が全体のほとんどを占めていて、微笑ましい雰囲気です。最後に車の運転もできなかったヒーローが、がんばって免許を取り、身なりにも気をつかうようになり、花を持ってヒロインを迎えに行くシーンがよかった。
 でも、最初からひっぱっていたヒロインへのつきまとい男がいつの間にかいなくなったよ……。けっこう「どう話に絡んでいくんだろう」と期待していたんですが(´ω`;)。ちょっと残念。

 話は変わりますが──この本は自炊して、iPadで読んだのです。
 PDFファイルにしてあるのですが、今回、OCRというテキスト認識をかけて読み込みました。そうしておくと、電子書籍リーダーで読む時、文章にアンダーラインを引いたり、引いた箇所をメモとして保存できたりするのですよね。
 もっと早く知っていればよかった(´・ω・`)。もう半分以上、何もしないでPDFにしちゃったよ。まあ、ほとんど読み終わってる本なんだけど。
 本を読んでいて、気になる文章やセリフを今までも手書きでメモしてたんだけど、これでその必要もない! 便利! とワクワクしながら読み進めたのですが、結局この作品でのメモは、ヒロインの田舎の土地名、

ヤドキン郡

 だけでした……。
 感想には関係ない( ゚Д゚)!
(★★★☆)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

メモ!

 コメントありがとうございます!
 そうなんですよ。けっこうこういうこと多いんですよね(´∀`;)〜。
 なんにせよ気軽にメモを取れるのはありがたいので、これからもどんどん活用しようと思っています(`・ω・´)。
Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★☆ ロマンス映画 ★★★☆ ★★★ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ヒストリカル ライムブックス ★★★★ ★★★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫