04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

□『消されたヘッドライン』

『消されたヘッドライン』(試写会 5/22公開)
 麻薬取引がらみと見られる殺人事件と、議員秘書である女性の事故死。一見何のつながりもないように思えたが、渦中の議員コリンズの友人であるワシントン・グローブ紙の記者カルは、それらを結びつける証拠を手に入れる。(監督:ケヴィン・マクドナルド 出演:ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、ヘレン・ミレン他)



 私は、日本にはジャーナリズムはないと思っているので、単純に言えばうらやましい。けど、こういう生活は──昔はあこがれたものだけど、今はダメだ。全体的に疲弊気味の私としては、見ているだけでも疲れそうでした。アドレナリン中毒になってるよね、きっと……。
 アメリカはまだ違うかもしれないけど、マスコミを描く物語って、日本だともうファンタジーに近い。リアルに見えて、本当のリアルは存在しないというか。『新宿インシデント』の時も思ったけど、ヤクザも警察もそう。芸能界もそうだよね。その業界の外にいる人には、実態は決して見えない。異世界みたいなものだ。
 そういう目で見たせいか、どうせファンタジーなら、もっと壮大なオチを用意してほしかった、と思ってしまったよ。いや、途中までそうだと思ってたんだけど……話は(一応)まとまってはいるけどさ。
 ちょっと勢いにまかせて説明不足なところもあるように思います。けど、疲れ気味でなければ、ラッセル・クロウが味わっている興奮を疑似体験できて、あまり深く考えなければ面白く見られると思います。実際、勢いはあるよ。その波に乗れるかどうかかなあ。
 私はちょっと乗り切れず。ごめんなさい。
(★★☆)
web拍手 by FC2

tag : ★★☆

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    03月 | 2020年04月 | 05月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★★ 資料用 ★★★☆ ハーレクイン(文庫含む) コンテンポラリー ヒストリカル ★★★ ★★☆ ★★ ★★★★☆ シリーズ ロマンス以外 角川文庫 ロマンス映画 創元推理文庫 ラズベリーブックス その他の出版社 サスペンス/ミステリ MIRA文庫 ライムブックス 扶桑社ロマンス 新潮文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ランダムハウス講談社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫