09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
23
24
25
26
27
28
29
30
   

□『ホビット 決戦のゆくえ』

『ホビット 決戦のゆくえ』"The Hobbit: The Battle Of The Five Armies" 2014(12/13公開)
 竜──スマウグに奪われたエレボールを奪還しようとするドワーフたち。だが、解き放たれたスマウグにより町を破壊された人間たちは、かねてよりの“約束”を守るようにドワーフの王トーリンに申し入れるが、彼はその頼みを突っぱねる。折しも、莫大な財宝を狙ってオークの大軍も押し寄せる。変わってしまった友人トーリンを憂うビルボは、ある決意をする。(監督:ピーター・ジャクソン 出演:マーティン・フリーマン、イアン・マッケラン、リチャード・アーミティッジ、オーランド・ブルーム、ベネディクト・カンバーバッチ(声)他)



 ホビットの三部作の完結編です。
 ネタバレブログなので言うけど、またまた目玉のように扱われているスマウグは、あっという間に死にます(´ω`;)。
 しかし、そのあとが圧巻。エレボールの財宝を巡って、あちこちから大軍が押し寄せてくる。しかし、“黄金病”にかかって財宝を独り占めすることしか関心がなくなってしまったトーリンは山に閉じこもり、誰とも協力しない。
 とりわけ彼がこだわっている財宝を隠し持っているビルボが策を巡らすんだけど──というお話。全編バトルの連続です。
『指輪物語』もそうだけど、指輪や財宝に取り憑かれて、身を滅ぼすかそれを捨てて克服するか、という物語に終始しているんだなあ、と思いました。ビルボは、指輪に脅威を感じながらも、誘惑に負けない。そうやって生きていくことは、今の世も難しい。「指輪」や「黄金病」のようにわかりやすいのならまだしも、現代はなんなんでしょうね。
 という教訓があるのかもしれないけど、映画自体はアクションの連続であっという間に終わってしまいます。ビルボの冒険は、一年余も続いたそうで──「ええっ、そんなにっ!?(´Д`;)」と心の中で叫んでしまった。かなりハードな中つ国観光旅行であった……。
 DVDとかでいっぺんに見るのも楽しいでしょうが、やはり映画館、しかもIMAXなどの大きなスクリーンで映える作品なので、できたら足を運んでください。三本まとめての上映会とか、やるかもねー……?
(★★★★)
web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★☆ ロマンス映画 ★★★☆ ★★★ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ヒストリカル ライムブックス ★★★★ ★★★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫