09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
23
24
25
26
27
28
29
30
   

●『ひめごとは貴婦人の香り』エリザベス・ホイト

●『ひめごとは貴婦人の香り』エリザベス・ホイト(ライムブックス)
 伯爵の娘で未亡人のレディ・エメリーンは、洗練された貴婦人。社交界での付き添いなどお手の物だが、「妹の付き添いをしてほしい」と隣の家に越してきた貿易商サミュエルからの頼みには、なぜか心が震える。社交界のルールなどを一切無視してエメリーンに近づくサミュエルだが、それにはある理由があった。("To Taste Temptation" by Elizabeth Hoyt, 2008)
・〈四人の兵士の伝説〉シリーズ第1作



 面白かったのですが、いまいち乗りきれなかったような気がした……。
 それは多分、ヒロインのキャラがつかみきれなかったから。
 ていうか、ヒロインはツンデレだよね? ツンデレヒロインがあまり得意でないから、そのせいかなあ。
 ヒーローは、元軍人。植民地(アメリカ)で起こったフレンチ・インディアン戦争で裏切りに遭い、仲間を虐殺されており、その裏切り者を探している。容疑者の一人がイギリス貴族なので、ヒロインと妹を(言葉は悪いけど)利用して社交界に入り込み、そいつを追い詰めようとしている。しかしその男はヒロインの婚約者で──というお話。
 ただ、第一容疑者の疑いはすぐに晴れる(二作目のヒーローだそうだし)。そのあとは、ひたすらヒーローがヒロインに迫りまくり、ヒロインが負けまくる。
 ミステリとまではいかないけど、謎とロマンスとのバランスが悪いというか、割とすぐに犯人もわかってしまうので、HOTシーンで埋めている感がなきにしもあらず──ロマンス的には正しいんだろうけど。
 ヒロイン、ツンデレっていうか、強がりな仕切り屋という感じで──「社交界で生きていくしかないけど、ほんとは自分の意志で生きていけたら(´・ω・`)」と思っていたのではないか、と推測。その気持ちがもっと端々ににじみ出ていたら、切なさがアップしたのではないかな。彼女のそういう気持ちを引き出すためのヒーローの方法がちょっと粗野すぎたのかもしれない。意地悪なことして怒らせるだけじゃないよね……。
 あと、関係ないけど、タイトルがそこはかとなくエロい。読んでいてヒーローも野生人という感じだし、貴婦人でもヒロインがしょっちゅうシャワー浴びるわけでもないしで、いろいろと鼻をひくひくさせてしまった。ヒーローはPTSD気味なんだけど、フラッシュバックのトリガーが「男の汗のにおい」というのもね……なんか生々しいと思いました……。
 章の冒頭のおとぎ話はとてもよかった。大好きなアンデルセンの『野の白鳥』を思い出しました。
(★★★☆)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル ライムブックス ★★★☆ シリーズ

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★☆ ロマンス映画 ★★★☆ ★★★ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ヒストリカル ライムブックス ★★★★ ★★★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫