09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
23
24
25
26
27
28
29
30
   

▽『その女アレックス』ピエール・ルメートル

▽『その女アレックス』ピエール・ルメートル(文春文庫)
 30歳の美女アレックスはある夜、何者かに拉致され、監禁される。目撃者がいたことから、誘拐事件の捜査に乗り出したパリ警視庁のカミーユ・ヴェルーヴェン警部は、一向に手がかりがつかめないことから、いらだちを募らす。だが、事件は思わぬ方向に転がりだす。("Alex" by Pierre Lemaitre, 2011)



 各方面で話題になっているフレンチミステリです。
 あらすじもこれくらいしか書けないね……。この転がりだしたところから、読者はどんどん思わぬ方向に翻弄されることになります。
 これまたここはネタバレブログなので、途中までストーリーを書いてしまう。でもこの作品は、本当に何も知らずに読んだ方がいいと思うので、読みたい人はこれ以降見ないでください。
 ちょっと行開けるか(珍しい)。










 監禁されたアレックスは単なる被害者ではなく、誘拐犯の息子失踪の鍵を握っている人物。犯人が誰か気づいたアレックスは、息子の居場所を告げようとするが、その前に彼は警察に追い詰められ、死んでしまう。警察は彼女の監禁場所をなかなか見つけられず、やっと踏み込んだ時には、彼女の姿はなかった。

 と、ここまでで半分行ってないのよね。極限まで追い詰められた彼女が必死に逃げようとする方法がまた壮絶なのです。そして、そこまでして生き残り、やり遂げようとしたことも壮絶。
 アレックスの最初の印象は「とても強い女」だった。強いヒロインが好きな私としては、彼女に大変惹かれました。次第に正体がわかるにつれて「怪物」のように見えてきたけれども、彼女の「強さ」の印象はあまり変わらなかったな。
 でもラストには、強くも賢くもない「ただの小さな女の子」という姿になっていく。
 ひどく悲しく痛い復讐譚だし、切なさもあるんだけど、感傷的ではない。人間味ある刑事三人組がそれぞれの憤りを秘めながら、“真の犯人”を追い詰めていく第三部の緊張感には、ページを繰る手が止まりません。BGMは映画『砂の器』のサントラ『宿命』で。もちろん、菅野光亮のですよ! ──いや、『砂の器』は辛気臭いかな(映画、音楽ともに大好きですけど(´ω`;))。でも、アレックスの過去をバックにした取調室でのシーンで、つい思い出してしまった。
 またこの刑事三人組がいいんだよね。背が低いというより小さいカミーユ。お金持ちで教養あふれるイケメンのルイ。しみったれで人にたかってばかりのアルマン。みんな個性的で優秀。上司たちもそれぞれいい味を出していました。カミーユの過去もかなりきつく悲しいものですが、それを癒やした人の意外さが面白かった。
 何も知らないで読んだので、あっちこっちにひっぱっていかれる物語の楽しみを味わえました。章立てが短く、メリハリがあってとても読みやすい上、過剰な描写もない。ロマンスを読んでいても思うけど、やたら長くしていないところもいいよね。これくらい無駄なく削ってほしいよ(´・ω・`)。
(★★★★☆)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ロマンス以外 文春文庫 ★★★★☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぜひにっ

 コメントありがとうございます!
 ぜひぜひ! おすすめします。
 ちょっと(いろいろな意味で)痛い話ではあるんですが、こういう結末は日本人に合っているのでは? と思いました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます

>Cさま
 コメントありがとうございます!
 フィクションの世界ではずっとずっと扱われている題材ですけど、「毒親」という言葉ができて、現実的にも表に出てくるものがあるのでは、と思ったりしています。
 そういうこと考えるだけでも、アレックスみたいな存在が救われるのではないかとも。
Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★☆ ロマンス映画 ★★★☆ ★★★ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ヒストリカル ライムブックス ★★★★ ★★★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫