10
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

◆『愛、ふたたび』アン・メイザー

◆『愛、ふたたび』アン・メイザー(ハーレクイン)
 友人のパーティーに出席したアビーは、一年半前から別居中の夫ラシードと出くわす。中東の産油国王子であったラシードと、秘書をしていたアビーはパリで出会い、結婚したが、幸せは長く続かなかった。夫には愛人がいたのだ。アビーはイギリスへ帰国し、また秘書として働き出していたが──。("Sandstorm" by Anne Mather, 1986)



 元サヤもので、非常に定番なストーリー運びでした。
 その点では読みやすくてよかったんですが、うーむ、またまた私の苦手な「シーク」&「ロイヤル」もの……。そして、大きく二つの疑問があった。
 一つは、ヒロインが「帰ってきてほしい」とものすごく懇願するヒーローに対して、愛人(子供までいる!)の話を出さないということ。出さない理由というか、次第に彼女としても彼にしても、「その話はしたくない」みたいに思っているとか、ヒロインが帰国する前にさんざそれで言い争いをした、という説明が一応あったんだけど、それはもっと前の方で出してほしかったかな。だって、なんかヒロインの思い込みだけみたいに見えるし、わざと話に出さないみたいにも見えるんだもん。
 それから、愛人のことね。実はヒーローには愛人はおらず、ろくでなしの弟のことをかばっていた、というのが真相なんだけど、これ、隠しておく必要ってあるの? 妻にも言えないこと? 妻との信頼より、一族のスキャンダルを隠す方が大切ってことだよね?
 これについては「ロイヤルものだから」というのが一応の説明なわけです。庶民には理解できないけど、「国を預かる者として言えないこともある、たとえ妻でも」という……。いや、理解させてよ、それを。庶民に(´д`;)。妻も庶民だったんだからさ。
 言う言わないというより、「言わないことが王子の努め」と思い込んでいたみたいではあるんだけど、それも推測の域を出ません。しかも、真相をぶちまけたのは、本人ではなくヒーロー祖母。ばーちゃんに苦労かけるな(゚Д゚)ゴルァ!!
 かなり頭で補完しないと、元サヤに納得がいかない、というお話であったように思います。ヒーローがちょっとヤンデレっぽくて、いい感じなところもあったんだけどね……。
(★★☆)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    09月 | 2019年10月 | 11月
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★★☆ ★★★★ シリーズ MIRA文庫 コンテンポラリー ★★☆ ロマンス映画 ★★★☆ ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫