11
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

▼『このキスを忘れない』シャノン・マッケナ

▼『このキスを忘れない』シャノン・マッケナ(二見文庫)
 ケヴは18年前、傷だらけで保護された。わずかに残った記憶の中には、いつも彼を救う天使の姿があった。記憶を取り戻す過程の中で、エディ・パリッシュという女性の写真を見た時、彼女が自分の天使だと確信する。エディの職業はグラフィック・ノベル作家。彼女が描いた本の表紙には、ケヴそっくりのヒーローが描かれていた。("Fade To Midnight" by Shannon McKenna, 2010)
・〈マクラウド兄弟〉シリーズ第7作



 まず最初に思ったのは、

『月長石』かよっ(; ゚д゚)!」

 つまり、厚さですよ。ちょっとした辞書です。文庫本で約4センチ。総ページ953ページの大作です。シリーズ前作『危険な涙がかわく朝』よりも長いなんて(´Д`)!
 はっきり言って重かった(自炊せず、紙の本のまま読んだ)。でも、面白かった! なんとなんと、こんなに長くても無駄がなかったですよ!
 やはりそれは、待望のあの人──シリーズが始まった時は死んだはずだったマクラウド家の双子の片割れ、ケヴィンの話だからですかね。

「ケヴィンの話なのか! じゃあ読みたい! でも、シリーズの最初の方しか読んでない!」

 と言う人は、とりあえず双子の兄ショーンの話『真夜中を過ぎても』だけでも読むといいです。これとつながっているんだよね、今作は。
 残念なのは、私がこの『真夜中を過ぎても』がいまいち好きじゃないところ(´・ω・`)。だって、ショーンが情けない奴なんですもの……。こいつに腹を立てすぎて、話をよく憶えてなくて、今作を読み始めた時、ちょっと戸惑ってしまった。ケヴの話のプロローグとして読んでおけば、X-Cogとかオスターマンとか、誰だよなんだよみたいな状態にならずにすんだわ(´ω`;)。
 それでも面白かったのは、やはりケヴィンに戻ってきてほしかったから。
 彼とヒロインがともに〈安息の地(ヘヴン)〉という人体実験場にいた(時期は別)、というところから、それを巡る謎に迫っていきます。想像どおりひどい目にあっており、傷があってアメコミのヒーローみたいな外見で、というのは、ブラック・ダガー・ブラザーフッドのザディストを彷彿とさせる。そして、心情的にはリサ・マリー・ライスのヒーローみたいな素直さがあったけど、あまりにもヒロインを崇めすぎるとヒロインの重荷になる、というのが描かれているのもよかったね。
 ヒロインは両親など周囲の人間によるモラハラに萎縮していて、流される傾向にあったけれども、次第に克服していく。かなり後半になるまでお嬢様気質でちょっとイライラしたけど、それよりモラハラ人間たちの描き方がえげつなかった(´Д`;)。特に父親! 話の通じなさは宇宙人レベル。「自分が正しい」と信じ込んでいる人と話をするのは、コンクリートの壁に針で穴をあけようとするくらい空しいと思うのですが、それでも「針を持ってるだけマシ」みたいな間違った期待を抱いてしまうんだよね。宇宙人の方がまだ話通じるかも、と思うくらい、描き方がうまかった。
 狂人の描き方は今までキャサリン・コールターがうまいと思ってたけど、マッケナも相当いいね!d(>ω<) 悪役のタイプを微妙に書き分けていたけど、みんな超ムカつく奴だった。腹立ったけど、よかった。
 シリーズはこれからも続くらしいし、それも読みたいですけど、とりあえずここまで読めて満足しています。マクラウド家はどんどん大所帯になっていく……。

 ところでお話には全然関係ないんだけど、45ページを読んだ時に、ちょっとびっくりした。

「脳細胞がトップギアだぜ」

 って『仮面ライダードライブ』みたいなことヒロインが言ってる(゚Д゚)!
 いや、正確には「脳がトップギアに入ったような感覚」と地の文にあるんですけど、こういうのってもしかしてポピュラーな表現なのか、とはたと思った。ドライブはそれを参考にしたのかな。
 でもまあ、これはヒロインの言葉だし、と思ってたんだけど、途中でパソコンオタクの男の子(と言っても既婚)マイルズが出てきたら、もうハマケンが演ってる西城究ちゃんにしか見えなくなってしまった。時折白人ぽい外見描写とか出てくると戸惑うくらい!
 ──いや、ほんとに関係ない話しました……すみません特撮好きで……。
(★★★★)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : サスペンス/ミステリ 二見文庫 ★★★★ シリーズ

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    10月 | 2019年11月 | 12月
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ハーレクイン(文庫含む) ★★☆ コンテンポラリー ★★★★ ★★★★☆ シリーズ MIRA文庫 ★★★☆ ロマンス映画 ★★★ ヒストリカル ライムブックス 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫