02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
15
19
22
23
24
25
26
27
28
29
   

◆『涙にぬれた口づけ』ダイアナ・パーマー

◆『涙にぬれた口づけ』ダイアナ・パーマー(ハーレクイン)
 秘書学校を出たばかりのケイシーは、モンタナ州の大牧場で秘書として働くことになった。雇い主のジョンは優しく気さくな人だったが、彼の兄ギル・キャリスターは初対面のケイシーに対して、なぜかつらく当たる。なのに、なぜか彼女は兄弟二人の仕事をやるはめになる。("Circle Of Gold" by Diana Palmer, 2000)



 再読です。以前読んだ『無邪気なシンデレラ』はこれのスピンオフ──弟ジョンの話です。
 安定のダイアナヒーローでした。「安定」ということは、ムカつく奴ということです(´∀`;)。それから、だいぶとっちらかっている。
 結局のところ、彼のひと目惚れみたいなものなんだけど、金持ち故、女性に対しての偏見がまずある。意地悪な無能秘書がいるんだけど、それの本性を全然見抜けていない。幼なじみだってのに( ゚Д゚)! 女の見る目なさの英才教育を幼少の頃から受けているとしか思えない。彼が亡妻と結婚できたのは、運がよかったからにすぎないと思うねっ。
 妻を亡くして淋しいし、残された娘たちの面倒をどう見たらいいかわからないし(家庭教師やナニーもうまく選べない(´ω`;))、なんかいろいろやさぐれていたところに、ヒロインから、

「私はまだ二十二です。ミスター・キャリスター。父親といってもおかしくない、ましてや子持ちの男性に興味なんてありません」

 とジジイ扱いされて、すっかりひねくれる。まあ、「妻の座なんか狙っても無駄だからな(゚Д゚)」と初対面同様の人に言ったら、これくらい言い返されて当然だろ、とも思うけどね。ていうか、普通ならセクハラじゃね?
 いろいろとひとこと多く、言ったあとにすぐ否定したり、正反対のことを言ったりして、ヒロインを戸惑わせる。めんどくさい自業自得男です。
 昔のメモによると、「泣けたけど、ヒロインが頑な」とのことだけど、今回はそれほど頑なとは思わなかったな。それよりもおぼこい。ものすごく敬虔な女の子だったんだね。ヒロインの頑固さの元凶は、ヒーローの一貫性のない態度というのがよくわかった作品でした。
(★★★☆)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    01月 | 2020年02月 | 03月
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) 資料用 ★★★★☆ シリーズ ★★★★ ロマンス以外 角川文庫 ★★★☆ ロマンス映画 創元推理文庫 ラズベリーブックス ヒストリカル その他の出版社 ★★☆ サスペンス/ミステリ MIRA文庫 ★★★ ライムブックス 扶桑社ロマンス 新潮文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ランダムハウス講談社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫