Top Page › 映画の感想 › 旧作の感想 › □『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』

2015 · 03 · 22 (Sun) 14:14

□『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』

『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』2014(PSNレンタル)
 大マゼラン銀河から地球を目指すヤマトに、ガトランティス遠征軍が艦の引き渡しを要求する。ワープでその場を切り抜けたものの、ヤマトは謎の惑星に誘導されてしまう。探査に出た古代たちは、アマゾンに似たジャングルをさまよい、沈没した戦艦大和を見つける。しかしその内部はホテルのようであり、そこでガミラス軍ドメル艦隊の生き残り、バーガーと出会う。(監督:出渕裕 声の出演:小野大輔、菅生隆之、中村繪里子、諏訪部順一、大塚芳忠、他)

 見終わって、家族がひとこと、

「彗星帝国、出てこなかった(´・ω・`)……」

 あ……それは私も思いました(´д`;)……。
 ていうか、サイドストーリーだったのね! なんにも知らなかったよ(゚д゚)!
 いや、けっこう面白かったのですが、てっきりガトランティス(彗星帝国)が出てくると思っていたので──いや、出てはきたけど、下っ端みたいな奴で──これからの布石なのね。続きを作る気満々なのね(´ω`;)。
 眉毛と髪の毛つながってる女の人が予告に出てきたから、てっきり今回の大帝は女性なのかと誤解しました……orz
 ヤマト2199は、テレビで見ていたのですが、このお話は24話と25話の間に位置するものなのだそうです。確かにテレビシリーズや映画を見ていないでこれだけ見るのはきついかもしれない。私も細かいところは忘れていました。でもきっと、これ単独で見る人はいないよね……。
 未知の惑星を探査して生命体や星自体の歴史などを知り、畏怖や崇敬を覚える──というのは、戦闘以外のヤマトのエピソードとしてオーソドックスで、ストーリーとしては面白く見られるのですが、いかんせん小粒な感じがなきにしもあらず。ちと惜しい。
 けど一番悪いのは私の思い込みです(´・ω・`)。正しい見方をしなかったのがいかんかった。続き作る気満々なのがわかったのも、うれしい──いやっ、うれしいんだけど! うれしいけど、一抹の残念もあるようなないような、複雑な気分……。
(★★★☆)
[Tag] * ★★★☆

最終更新日 : 2015-03-22

Comments







非公開コメント