Top Page › 映画の感想 › 新作の感想(2015) › □『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』

2015 · 03 · 26 (Thu) 08:58

□『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』

『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』"Chef" 2014(2/28公開)
 ハリウッドのフレンチレストラン総料理長カールは、いつもと同じメニューにこだわるオーナーと対立し、店を辞めてしまう。有名グルメブロガーとネット上で炎上した評判も広がり、雇ってくれる店もなくなった。元妻から助言で、やむなくフードトラックの移動販売で再起を賭けることにするが──。(監督、主演:ジョン・ファヴロー 出演:ソフィア・ベンガラ、ジョン・レグイザモ、スカーレット・ヨハンソン、ダスティン・ホフマン、ロバート・ダウニー・Jr、他)

 やっと見てきた! おいしそうでした!(´∀`)
 ていうか、ジョン・ファヴローって『カウボーイ&エイリアン』撮ってたんだ……。すっかり忘れていた。これや『アイアンマン2』を酷評されたりいろいろあって、この作品を撮る心境になっていったようです。と、町山智浩さんがラジオで言っていた
 つまり、料理だけじゃなく、他の様々なクリエイターたちの本音が詰まっている物語になっています。印象的だったのは、酷評したグルメブロガーに対してのセリフ(うろ憶えで申し訳ないけど)。

「俺たちは必死になって作ってんのに、お前らは好き勝手にけなしやがって! 傷つくんだよ(゚Д゚)!」

 この魂の叫び。私も好き勝手言っててごめんなさい……。
 おいしいまずい、あるいはつまんない面白いを、客にまかせるしかない人たちにとって、何を割り切るかは悩みどころです。
 ただ人も世間もどんどん変化するし、その速さも予測できない。それらを読むのは消耗するし、疲弊します。同じく疲れるなら、自分の気持ちに正直になった方がストレスはたまらない気がする。
 ということで、カールは自分のルーツとも言えるマイアミから、キューバサンドイッチのおいしさを世間に広めようと決心し、レストラン時代の助手と息子を連れてフードトラックを駆る。パパと料理が大好きな小学生の息子は、iPhoneとSNSを駆使してどんどん宣伝する。
 日本語サブタイトルのせいで屋台フレンチの話かと思ってたら、違った。お手軽ご当地伝統グルメがメイン。後半はロードムービー的な味わいもあります。音楽のセンスもいいです。
 それにしてもキューバサンド、マジおいしそうだったんですが(上にリンク貼った公式サイトに作り方あり)、他にも気になる食べ物がいっぱい。テキサスBBQやニューオーリンズの揚げドーナツ「ベニエ」は、ロマンス小説に出てきたことあったかもー。ユカイモ?のフライもすごく気になります。タピオカの原料だそうだけど、里芋っぽいのかな? 揚げ里芋っておいしいんだよねー。芋のフライって、どうしてこんなに惹かれるのか(´д`*)
 屋台だとちょいと野菜が足りない感じですが(´∀`;)、フレンチレストランのシーンでは様々な野菜が彩りを添えてました。食いしんぼにはおすすめの映画ですよ!
(★★★★)
[Tag] * ★★★★

最終更新日 : 2015-03-26

Comments







非公開コメント