Top Page › 読書の感想 › ら行の作家 › ◆『大富豪と結婚しない理由』ロビン・ケイ

2015 · 04 · 29 (Wed) 07:51

◆『大富豪と結婚しない理由』ロビン・ケイ

◆『大富豪と結婚しない理由』ロビン・ケイ(マグノリアロマンス)
 企業再生のプロであるロザリーは、27歳の独身主義者。ある日、娘を執拗に結婚させようとする母親とのディナーから逃げる途中で車がパンクし、大声で罵っていると、ハンサムな男性──ニックが通りかかり、車をレッカーしてくれた。彼はロザリーをデートに誘う。自分が実は大金持ちだと彼女には内緒で。("Romeo Romeo" by Robin Kaye, 2008)

 金目当ての女にうんざりしているヒーローと、自立心旺盛で結婚を冷めた目で見ているヒロインのラブコメです。
 ヒロインのロザリーがとてもよかった。仕事ができて、おしゃれが好きで、食べることは好きだけど料理は苦手、掃除も苦手。あまりうだうだと悩まないところもいい。実はニックの正体は途中でアシスタントの女の子(この子もいい)から知らされるんですが、「本人が言うまで待ってあげよう」と考える。黙っていることに多少モヤモヤしても、そればっかり考えたりしないし、妙に責めたりもしない。感情的に見えるけど、実は大人なヒロインです。
 うだうだしているのはニックの方で、自分の気持ちを頑なに認めないし、嘘をついている後ろめたさがあるのに、ズルズルと打ち明けるのを先延ばしする。
 当然、それは最悪な形で二人の破局を招くんだけど、ニックの方によりダメージがある感じなのがよかった。ロザリーはやせてしまうけど、仕事はしっかりこなしている。ニックが買収したいディーラーの建て直しを彼女はやっているんだけど、彼は妨害工作をしてたりしてるんだよね(二人が出会う前)。それの証拠もつかむ。「それはそれ、これはこれ」と毅然としているヒロインは、とても好もしい。
 結局、ヒロインは男運が悪い人なんだよね(登場する元彼たちで歴然)。父親とかも含めてさ(´・ω・`)。だから結婚を避けていたわけで──ヒーローだって、クズだったからこそ彼女と出会えたとも言えるのでは。マイナスからやっとまともになりかけたところだな。でも彼女だって完璧な人ではないのだし、二人ですり合わせて解決できそうな問題だけなら、なんとかやっていけるよね。
 それにしても妹は気の毒だ……。そして、かにかまの原料はお魚。
(★★★★)

最終更新日 : 2015-04-29

Comments







非公開コメント