09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

◆『幸せの蜜の味』エマ・ダーシー

◆『幸せの蜜の味』エマ・ダーシー(ハーレクイン)
 陶芸家のリーは、父親ローレンスの葬儀のため、実家へ戻った。父親は大会社を経営していた実業家だが、家では暴君だった。しかもリーは、母の浮気でできた子供だった。葬儀の席で母や姉たちから無視されたリーに近寄ってきたのは、父の右腕だったリチャードだけだった。彼はリーに突然こう言う。「君と結婚したいんだ」("Bride Of His Choice" by Emma Darcy, 1999)



 とても面白かったのですが、ものすごくドロドロした話だ……。
 2ちゃんねるの家庭板では、妻が浮気相手の男の子供を夫の籍に入れてしまうことを「托卵」と言います。この作品でも、ヒロインが自分の立場をまさに「郭公の托卵」と表現していて、どこの国でも同じなのね、と思った。
 ただ、この父親(リーにとっての養父)はひどい男で、家では妻に「息子を産め」とプレッシャーをかけ、リーの姉たちは娘であることでおとしめられていた。肉体的な暴力はなかったみたいだけど、精神的な虐待を一番強く受けていたのは、もちろんリーです。でも、母親は自分のせいで責められる何も知らない娘をかばうこともなく、矛先を自分からそらすことしか考えていない。それは姉たちも同じ。絵に描いたようなスケープゴートです。
 妻が夫の種ではない子供を産んだ、というのは、実はヒーローのリチャードの家も同様で、こちらは母親が追い出されている。リチャード本人は、幼くして寄宿舎に入れられていて、家族の温かさは知らないまま。
 と、ヒーローヒロインの周りがかなりのクズぞろい。リチャードが会社を自分のものにするためには、姉妹のうちの一人と結婚して、なおかつ息子をもうけなきゃならない、という条件をつきつけられている。そこで、

「ね、僕たち二人が結婚すれば、周りみんながくやしがるだろう? そのためにも結婚しようじゃないか(゚∀゚)」

 みたいな甘言めいたことをリチャードに言われて、つい結婚してしまうリー。もちろん、彼の真意は別にあるんですけどね。
 そういう利害の一致した結婚はしたけれども──というハーレらしいお話なんですが、以降も財産を巡る怒涛のドロドロ展開で、途中で、

「これ、誰も殺されないけど、『犬神家の一族』みたい(´д`;)」

 と思ったら、後半「あっ、ほんとに似てる(゚Д゚)!」となっていって、ちょっとびっくり。最後まで誰も殺されませんが。
 でも、リーじゃなくて、リチャードの方が珠世なのよね……。いろんな意味でね……。
(★★★★)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫