10
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

◆『美しい標的』リンダ・ハワード

◆『美しい標的』リンダ・ハワード(MIRA文庫)
 マックスは、自社が買収しようとしている会社の内部事情を探るため、社長秘書のクレアに近づく。ハンサムな容姿と話術で彼女を誘惑しようとするが、離婚以来頑なに心を閉ざした彼女は友人以上の関係を望もうとしない。何事にも冷静なはずのマックスは、そんな彼女の態度にいらだちを感じる。("Almost Forever" by Linda Howard,1986)



 リンダ・ハワードにこんなに泣かされるとは……。
 これもまた「きっと許してくれるはず」系のヒーローで──「なんとかできる」とか言ってましたよ(´∀`;)。まあ、最終的には何とかなるわけだけど、あの段階でどうしてこう楽観的に思えるんかな。
 この無神経なヒーローに対して、ヒロインは繊細で自己評価の低いタイプ。また私が弱いタイプだよ……。つまはじきだと本人は思ってるけど、家族はみんな彼女を愛してる、というのがまた泣かされるんだよね。
 けどこの作品の本当のいいところは、ヒーローにきつくお仕置きを与えているところ。自分をだましたヒーローをヒロインはもちろん許してしまうんだけど、「愛している」っていう本心は言えないから、ヒーローは想定していたようには許してもらえていない、と思うわけです。彼女の信頼を取り戻そうと必死のヒーローとしては、逃がさないように結婚するくらいしか手だてがない。その彼に対して放つ結婚式前日のヒロインのセリフ! たとえその後わずかであろうと、ヒーローは一生分の絶望を味わったろう、と溜飲が下がりましたよ。
 うーん、やっぱりリンダ・ハワードはサスペンス抜きの方が好きかも……。
(★★★★)
web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー MIRA文庫 ★★★★

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    09月 | 2019年10月 | 11月
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★★☆ ★★★★ シリーズ MIRA文庫 コンテンポラリー ★★☆ ロマンス映画 ★★★☆ ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫