Top Page › つぶやき・お礼 › アーミッシュ&拍手御礼

2015 · 11 · 10 (Tue) 08:18

アーミッシュ&拍手御礼

 2009年8月に、私「その日のために」という記事を書いています。
 アーミッシュの人たちのロマンスを描いた作品がアメリカで流行っている、という内容です。記事に書いた作家さんのじゃないけど、先日ハーレクインでついに出たのですよね、アーミッシュ・ロマンス→『花園物語1 レオナの選択』
 Kindleで買ったので、外出した折にちまちま読んでいます。ハーレクインのページ読んで初めて知ったけど、ベティ・ニールズ好きな人に推しているのね。
 ヒロインもヒーローもアーミッシュの人なのですが、ヒロインがどう考えてもモラハラ男としか思えない人と婚約してて迷ってる、という冒頭部分を読み、どんなに清らかな生活をしていようと、そういう部分ってなくならないのね(;゚д゚)、と妙なショックを受けたりしました……。

 いつも拍手をありがとうございます!
 続きはお礼です。「今の子&拍手御礼」にコメントくださったMさまへ。

>Mさま
 コメントありがとうございます!
 セスは確かに影が薄くなってますよね。脇役としては扱いが難しそうなキャラではあります。マクラウド兄弟は、使い勝手がいいんでしょう。
 ヴァルの外見は、「ものすごい美形」として私には刻まれています。美形故の不幸を体現している人という印象なので、姐さんとの子供はどんだけの美形なのか、と今からワクワクです。

最終更新日 : 2015-11-10

Comments







非公開コメント