Top Page › 映画の感想 › 新作の感想(2015) › □『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』

2015 · 12 · 19 (Sat) 16:06

□『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』"Star Wars: The Force Awakens" 2015(12/18公開)
 最後のジェダイとなったルーク・スカイウォーカーが姿を消してから、銀河の平和はファースト・オーダーという組織が脅かしていた。砂漠の惑星ジャクーでルークの居場所の地図を手に入れたポー・ダメロンは、ドロイドのBB-8にそれを託す。廃品回収をしながら一人家族を待つ少女レイは、ひょんなことからBB-8を助け、行動をともにするようになる。(監督:J・J・エイブラムス、出演:ハリソン・フォード、マーク・ハミル、キャリー・フィッシャー、アダム・ドライバー、デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、他)

 今朝方、IMAX 3Dで見てきた! 映画館も超混んでいて、今年最後のお祭りという感じでした(´∀`)。(妖怪ウォッチの映画もあったからね……)
 私はスター・ウォーズシリーズは大ファンというほどではなく、割といいかげんな見方しかしていないのですが、こういう思い入れのない人間が見てもかなり面白かったです。なおかつ、ディープなファンである家族は大満足していました。
 さらに言えば、スター・ウォーズのことを何も知らなくても充分楽しめる。最近のSFやアクション映画として、普通に面白いです。これまでのファンを満足させて、さらに一見さんにも敷居の高くないものに仕上げたJ・J・エイブラムス監督に拍手を送りたい。
 しかし、公開されてもなんとなくネタバレを書きにくい雰囲気があるのはなぜなのか(´ω`;)……。みんなの最大の関心は、ルークがどう出てくるのか、ということよね? 二番目くらいにカイロ・レンの正体、そしてレイの正体。
 とはいえ、見るとそれらをぶっ飛ばす展開が待っている。あそこで、アメリカの映画館では悲鳴があがったのではないか。
 ──このくらいにしとこう。家族が言ってた。

「子育ては難しい」

 って。
 やはり、スター・ウォーズというのは、壮大なホームドラマなんだな、というのも改めて実感しました。同じことをくり返すのも、人間の常。光と闇のバランスはいつも危うい。その均衡のために、正しいフォースを操るジェダイが必要ということなんだけど、たくさんジェダイがいた頃だってダメなものはダメだったわけで……どうするつもりなんでしょうね。
 ……あまり中身のない感想になってしまった。すみません(´・ω・`)。
 事前に『エピソード6』を見といてよかった。ものすごくいいところで終わったので、早く続きが見たいです。もうすぐ撮影が始まるという話だし、とにかくなるはやでお願いしたいです!
(★★★★)
[Tag] * ★★★★

最終更新日 : 2015-12-19

Comments







非公開コメント