09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

●『愛のかけらは菫色』ローラ・リー・ガーク

●『愛のかけらは菫色』ローラ・リー・ガーク(ラズベリーブックス)
 遺跡の発掘品の修復師であるダフネは、雇い主であるトレモア公爵アントニーに密かに恋していたが、彼からの人間とも見られないような心ない言葉に傷つき、「辞める」と宣言する。遺跡発掘と博物館開館に情熱を注ぐアントニーは、優秀な修復師である彼女を引き止めようとする。("Guilty Pleasures" by Laura Lee Guhrke,2004)



 どん底から這い上がるヒーロー。出発点はほんとに最低最悪。ヒロインを虫けら扱い(ナナフシって……手足長そうだけど)ですから。そりゃもう、こんな金と権力を笠に着た自己チュー人間が心入れ替えるのかよ、と思うほどの。
 しかし、昔ちょっと小耳にはさんだところによると、恋愛ほど人間の感情を成長させるものはないんだそうな。うろ覚えなのでちょっと頼りないですが、「自分はこんなことも考えられるんだ」とか「こんな感情を持っているなんて」と恋愛している時、実際思ったこともあるので、ある程度の信憑性はあるんじゃないか、と。
 だからなのか、ヒーローの心の変化がゆっくり丁寧に描かれていると思いました。
 ヒロインは、ある意味完成されている人。もちろん、若いし経験不足なところは多々あるけど、様々な国やそこの人々との生活から精神的にすごく自由だし頭もいい(容姿なんて若いうちにしか価値がないんだからどーでもいいのです)。しかも両親から愛情を注がれて育っているので、愛のない結婚なんていやだ、と思っている。世間の常識や風潮、あこがれからでなくそういうことを根源的に思える人というのは、人間としてとても恵まれていると思うんだよね。反対に、物質的には恵まれているけど、そんなこと絶対に思えない、というのがヒーロー。階層的にはものすごく上だけれども、人間的にはヒロインよりものすごく劣っているヒーローが恋をして、彼女に振り向いてもらおうと次第に躍起になっていく様がよかったです。
 つまり、この作品はヒーローの成長物語ではないかと。ロマンスっつーか、ビルドゥングスロマン。このはてなキーワードの解説、そのまんまですね(´∀`)。
(★★★★)
web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル ラズベリーブックス ★★★★

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫