11
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
14
15
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

◆『今ふたたびの愛』シャーロット・ラム

◆『今ふたたびの愛』シャーロット・ラム(ハーレクイン)
 人気上昇中の歌手アニーは、ヨーロッパでのコンサートツアーのため、パリを訪れた。一人きりで迎えの車に乗ったが、車はパリから離れていく。「わたしをどこへ連れていくの?」と問いかけた彼女に、運転手が言った。「アニー、近いうちに会おうと言っただろう?」("Dying For You" by Charlotte Lamb, 1994)



 ヒロインのアニーは、17歳の時にスカウトしてくれて、ずっと憧れていたマネージャーとその秘書の結婚式の夜、謎の電話をもらいます。

「覚えているかい?」

 とひとこと。なんのことだかわからない。知らない声だし──と怖くなる。
 そして、パリの空港で拉致されてしまいます。運転手はヒーローのマルク。もちろん、変な電話をかけた犯人でもある。

「お、シャーロット・ラムのストーカーものか?((o(´∀`)o))ワクワク」

 と思って一気に期待度が上がったのですが、読み進めていくと──違った(´・ω・`)。前世ものだった……。マルクが、前世の恋人の生まれ変わりのアニーに、「とにかく思い出してくれ」と頼み込む話。
 いや、別に前世ものが悪いわけじゃありません。むしろ好き。ただ、ちょっと難しいよね。それに、ハーレとパラノーマルって相性があまりよくない。ていうか、ハーレクイン・ロマンスの長さでパラノーマルをやるなら、短編的なアイデアや構成じゃないと読み応えが足りないのではないかと。
 この作品のようなものだと、もっと枚数があった方がドラマチックになると思うんだけどね。やっぱり前世の恋人たちのことを掘り下げないと、中途半端になっちゃう。短くあらすじ的にまとまってしまっていた。
 何しろ、マルクが、

「頭おかしいわけじゃないんだ。でもとにかく信じて」

 とひたすら言い続け、アニーが、

「えー、ほんとかなあ(´д`;)……ほんとかも……え、あたし洗脳されちゃってる(;゚д゚)? けど、ほんと?」

 とくり返す、というお話ですから。
 最初に無駄にワクワクしなかったら、読後感違っていたか? ……いや、多分同じだったな(´ω`;)。
(★★★)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: お仕事の依頼

>Oさま
 このようなブログを目に止めていただいて、ありがとうございます。
 現在、ブログでは主に小説と映画についての感想を書いておりまして……ハーレクイン・コミックも読んでおりますが、それほどくわしいわけではありません。
 本業もございますので、読書自体の時間もなかなか取れない場合もあります。ですので、ご依頼についてはお応えできそうにありません……。
 せっかくの機会ですが、申し訳ありません……。
Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    10月 | 2019年11月 | 12月
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★★ 創元推理文庫 サスペンス/ミステリ ハーレクイン(文庫含む) ★★☆ コンテンポラリー ★★★★☆ シリーズ MIRA文庫 ロマンス映画 ★★★☆ ★★★ ライムブックス ヒストリカル 扶桑社ロマンス 新潮文庫 資料用 角川文庫 ロマンス以外 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫