Top Page › 映画の感想 › 新作の感想(2016) › □『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

2016 · 04 · 29 (Fri) 20:41

□『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』"Captain America: Civil War" 2016(4/29公開)
 スーパーヒーローたちが世界のために戦う“アベンジャーズ”。彼らは人を救うために戦うが、巻き込まれ命を落とす人たちもいる。アイアンマン/トニー・スタークは、キャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャーズへそれを問い、国連によって管理される協定を提案する。スティーブはこれを拒否し、アベンジャーズは分裂する。(監督:アンソニー&ジョー・ルッソ 出演:クリス・エヴァンス、ロバート・ダウニー・Jr、スカーレット・ヨハンソン、セバスチャン・スタン、アンソニー・マッキー、ダニエル・ブルーリュ、他)

 あらすじ、そしてキャストもキャラも豪華すぎて、書ききれず……。
 アベンジャーズ分裂のキーマンとなるウィンター・ソルジャーことバッキーを巡る話なのですが、テーマ的には『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』と同じです。彼らの活躍なしに敵をほったらかしにしたらもっと被害が大きくなるってわかっていても、巻き込まれる人をゼロにはできない。
 どっちが正しいかというのはないので、答えや結論の出ないテーマだし、どっちかに肩入れしても話がつまらなくなるし、過剰にバランスに配慮すると途中から「どっちでもいいよ(´-ω-`)」と思われることもあって、非常に難しい。
 この作品は、バランスに配慮しつつも最後まで緊張感をなくさず、なおかつエンタテインメントとして面白く仕上げてありました。詰め込み過ぎ感がないとは言わないけど、たくさんのヒーローたちの見せ場もきっちり見せてくれて、とっても楽しかった!
 特に、キャップとバッキーとファルコンの三人が仲良さそうで微笑ましかった。(そこ!?(´ω`;))
 他には、「ペギー・カーターってイギリス人だったんだ(゚д゚)!」とびっくりしたり(『ファースト・アベンジャー』で明らかだったのかもしれないけど、『エージェント・カーター』でニューヨークに住んでるからてっきりアメリカ人だとばかり)。悪役のダニエル・ブルーリュや脇役のマーティン・フリーマンの使い方が贅沢だったり。特にフリーマンなんて脇役っていうかチョイ役だよ! これから活躍するための顔見世かな。
 スパイダーマンのおばさんがずいぶん若返っていたので、ベンおじさんは誰なのかしら、とか。ヴィジョンさん、意外と家庭的だな、とか。アントマンの扱いがひどいのはネタだよな、とか。
 トニーも自分の映画以外だと扱いがひどいな、とか。ほとんど彼が悪者じゃないですか。そしてやっぱり、ハワード・スターク(トニー父)は相変わらずやっかいなものを作っていたんだな、と(ドラマ『エージェント・カーター』参照)。この天才親子はほんとしょうがねえな〜(-ω-)。
 こうやっていろいろと上げていくだけで感想文はできあがってしまいます……。
 ただ、単独で見てもある程度は面白いとは思うんだけど、前二作を見ていないとわからないところは多々ありそうです……。けど、アイアンマン目当てで見た人が、これまでのキャップを遡ってくれたらうれしい。お話だけで言ったら、やはりキャップのシリーズの方が面白いからね!
 マーベル・シネマティック・ユニバースはこの作品からフェイズ3だそうなので、これからも楽しみ。これと『スター・ウォーズ』のシリーズを死ぬまでに全部見られるか!? というのが、今現在我が家での話題です(´Д`;)。
 あと全っ然関係ないけど、見に行った映画館の『アイアムアヒーロー』入場案内が、「アイアンマンヒーロー」と聞こえてしょうがなかったなあ。
(★★★★)
[Tag] * ★★★★

最終更新日 : 2016-05-10

Comments







非公開コメント