09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

現実とフィクション&拍手御礼

 昨日、このブログ記事を読んで、ちょっとツイートしたんですが──。

「ドSな男子にドキドキ」のドキドキはただの防衛本能だぞっ☆

「日本の場合は少女マンガだろうけど米英もいわゆるカテゴリロマンスが似たような影響を与えているよね」
「けど、やはりそれはファンタジーだから、なのよ。ただそれに「感動」してしまうと、それが理想と錯覚してしまうこともある」

 などと私は書いたのですが、今朝改めて読んだら、筆者さんもきちんとブログに書かれてました。私の感想は、筆者さんのツイート(記事の最後に貼ってあります。長いと思ったら、ぜひそれだけでも)を読んだ上でのことでしたね。
 ドS男子もの、あるいは鬼畜傲慢ヒーローは、ファンタジーとして面白いし、私も大好きです。ただ、フィクションと現実はまったく違う、というのをわからない人というのは一定数いるわけです。よくマスコミ等は「残酷なゲームをしていると現実との区別がつかなくなって云々〜」と槍玉に挙げます。そんな人がいないとは言わない。けど多くはないはずだし、たいていは自分の中の残酷な願望(意識しているかどうかは別)をフィクションで解消してるだけなのです。
 問題は残酷なゲームではなく、「現実とフィクションの区別がつかなくなること」で、ドS男子や鬼畜傲慢ヒーローを理想と思ってしまうことだってそれなのです。DV男につかまってしまう原因はそれに限らないですけど、「現実とフィクションの区別がつかなくなること」が本当に起こってしまうと、他にもいろいろとやっかいなんじゃないですかね。こういうシチュエーションはたくさんありそうなのに、一見するとわからない、というのもヤバそうに感じるんだよなあ。どうしてこういう土壌ができてしまうのか、それを考えた方がいいような。
 とりあえず、少女マンガやロマンスは単なる「フィクション」ではなく「ファンタジー」というべきだと思うわー。現実感がさらに薄れるから。

 いつも拍手をありがとうございます!
 続きはお礼です。『時をかける少女』にコメントくださったYさまへ。



>Yさま
 コメントありがとうございます!
 おお、『タイム・トラベラー』ですね! 私も見ていたと思うのですが、詳細は憶えておらず……。
 これも含めて、『なぞの転校生』『未来からの挑戦』『七瀬ふたたび』などなど──少年ドラマシリーズがやっていたNHKの夕方は楽しみでした。SF小説もこれをきっかけに読んだものが多い気がしますね。
web拍手 by FC2

tag : 資料用

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫