09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

●『傷だらけの逃亡者』モライア・デンスリー

●『傷だらけの逃亡者』モライア・デンスリー(マグノリアロマンス)
 子爵令嬢のソフィアは、父親の虐待から逃れて名前をロザリーと変え、デヴォン伯爵ウィルヘルムの屋敷でメイドとして働いていた。伯爵は変わり者として知られていたが、二人は少しずつ近づいていく。ソフィアが何かから身を隠していることに気づいたウィルヘルムは、彼女の庇護を申し出る。("Song For Sophia" by Moriah Densley, 2013)



 ヒロインのソフィアの父は極悪非道で、ずっと妻と娘に暴力を振るい、さらに借金で首が回らなくなると娘を利用してチャラにしようと目論む。それを察したソフィアは姿を消し、各地を転々としている。
 ヒーローのウィルヘルムは大変頭がいい人だけれど、現在で言うところのサヴァン症候群の人とのこと。戦争中はその驚異的な記憶力で密書を丸憶えし、スパイ兼暗殺者として活動していた。でも、その記憶ももちろん薄れないので、非常に精神的に不安定。ちなみに二人とも「傷だらけ」です。
 そんな二人が惹かれ合い、ソフィアの父から逃れるために便宜上の結婚をして──というお話です。ラストは当然、父親との対決。
 設定的には割と好みのものがそろっているのですが、結局読み終わるまで一ヶ月かかってしまいました。そりゃ仕事が忙しくて切羽詰まっていたというのもありますけど、わずかな時間を見つけてまで読みたい、と思うところも少なくてですね──半分以上は仕事終わってから読んだのです。
 前半──とにかく半分まで話が動かなくてねー(´・ω・`)。いや、「動かない」って言っても、この部分が何を描きたかったのかはわかっているつもりです。もちろん、ヒーローヒロインの交流です。次第に惹かれ合っていく二人、秘密を暴きたい彼と言えない彼女、彼に迷惑をかけたくないから関わりたくないと思いながらも気持ちは抑えられない──という静かな激情を積み重ねていくのがこの前半なんだと思う。
 とはいえ、私にはあまりそんな繊細な心情は感じ取れず。プロットどおりに進んでいるんだな、というのはよくわかった。でも、なんだか引き延ばしている感じがしたな……。二人の会話にほのめかしとか駆け引きが多くて、なんかはっきり話さないんだよね。はっきり話せない事情はもちろんわかりますよ。読者にわかってるからこそ、そういうのっていらないんじゃない(´ω`;)? とつい思ってしまうのですよ。本心を話せないのなら、その中でいかに本心を入れた会話を作れるか、ということですよ。なのにリアルな駆け引きとか戯れのシーンなんかを読まされると、「この会話は枚数稼ぎなの?」と思ってしまってね……。
 まあ、個人の感想です。私はこの作者の手法はあまりピンと来なかった。
 具体的に話が動きだしてからも、予想通りに進んでいって、意外性のないまま終わってしまった。後半になって増えたキャラってシリーズものの登場人物らしいんだけど、そういうのを見越して書いている感じも見え隠れしちゃってたなあ。
 それから、最近ヒストリカルでは「今だったらこう言われているはず」という病気や徴候のキャラクターが割と出てくるようになりましたけれど、そういうのって昔と今をつなぐ部分もないとつまらないと思うのですよね。キャラクターの特徴としてのサヴァン症候群というだけではなく、今現在のこういう人たちについても考えが及ぶみたいな。
 作者は新人さんで、これがデビュー作だったそうなのです。意欲的な作品だとは思うのですが、ちょっと空回りをしているところも否めず……。残念です。
(★★☆)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル マグノリアロマンス ★★☆

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫