11
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
14
15
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

◆『ハートブレイカー』シャーロット・ラム

◆『ハートブレイカー』シャーロット・ラム(ハーレクイン)
 ロンドンで娘と二人で暮らすカロラインは、ある日突然現れた夫のいとこニックの姿に怯える。カロラインは、アルコール依存症のため暴力をふるう夫ピーターから三年前に逃げだしたのだ。もう終わりだ、と絶望したカロラインだったが、ニックは「ピーターは死んだ」と告げる。義母が彼女に会いたがっているから、帰ってこいと言う。だが、ニック自身はピーターの「カロラインに捨てられた」という嘘の言い分を信じ切っているようだった。("Heartbreaker" by Charlotte Lamb, 1981)



 とても面白かったのですが、最後の最後で微妙な気分になる。
 そもそもヒーローのニックが、いとこでヒロイン夫のピーターがでっちあげた「カロラインはひどい女、みんなそれに気づいていない」というストーリーを信じ切っている、というところにモヤっていたのかもしれない。彼は結局、そんないとこの妻に懸想していることを後ろめたく思い、その罪悪感からピーターの言い分を全面的に信じ、彼女を影でネチネチ責め続ける、という過ちを犯すわけです。
 そうか、だから最後に「ずっとピーターにだまされていた」とわかっても、その点はショックは受けなかったんだな。こっちもだましていたようなものだから、って。
 でもじゃあ、そんなことをしている間にカロラインと娘は暴力を受けていたってことはどう受け入れているわけ? ピーターに対して頑なに持っていた罪悪感はそっちに向かないの?
 ──向かなかったのよね。

「ぼくだって地獄の苦しみを味わってきたんだ。わかってくれるだろう? きみを手に入れるためなら、真っ赤に燃えている石炭の上を歩いてもいいと思っているのに、心の底からきみを軽蔑しなければならなかったんだから」

 ていうのが、真相を知った時の彼の言い分。「ぼくだって」「わかってくれるだろう?」という言い回しは、典型的な責任転嫁のやり方。自分がもっと気が回る奴で、ピーターの嘘を見破れていれば、あるいは彼の言い分の裏を取ったりしていれば、カロラインと娘が苦しまなくてよかったのに、という自責の方へは行かない。このセリフで、彼はとてつもなくボンクラであり、そしていざとなると自分のことしか考えられない人間だということも露呈しています。そのガッカリ感(´・ω・`)。
 このニック、ピーター、そして義母の三人に、同じ匂いが感じられてそこがより微妙な気分を醸し出す。思い込みが強く、人の話を聞かず、おとなしい人には当たるか全部頼り切るかする。
 カロラインは、最悪な一族につかまってしまったという感じです。彼女がもっと強い人だったら、義母やピーターの担当医に真実を暴露しろ、と言えたはず。ニックに信じさせるのも彼らの努めとして、自分の重荷を分け与えてもよかったと思うよ。自分一人で我慢すれば、みたいな奴隷気質が昔の話っぽいよね。こういうのがかつてのロマンス小説における女性の美徳であり、耐える女性が好まれる傾向だったということなんだろう。
「ここまでされたら普通こいつに対して冷めるだろ」っていうのを超えるのがロマンスなのだが、最近ハーレではなかなかないなあ。自分の気持ちの方が変わっているからなのかもしれないけど。
 シャーロット・ラムのヒロインにしては弱い人だった。ボンクラなヒーローが今後彼女の言いなりになりそう、というのだけが希望だ(´ω`;)。
(★★★☆)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    10月 | 2019年11月 | 12月
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★★ 創元推理文庫 サスペンス/ミステリ ハーレクイン(文庫含む) ★★☆ コンテンポラリー ★★★★☆ シリーズ MIRA文庫 ロマンス映画 ★★★☆ ★★★ ライムブックス ヒストリカル 扶桑社ロマンス 新潮文庫 資料用 角川文庫 ロマンス以外 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫