09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
23
24
25
26
27
28
29
30
   

◆『真夜中のファンタジー』アン・メイジャー

◆『真夜中のファンタジー』アン・メイジャー(ハーレクイン)
 クレアはパーティから抜け出し、自分の車に飛び乗った。突然帰ってきた姉がクレアの婚約者を挑発するように踊っているのを見て、いたたまれなくなったからだ。だが婚約者は彼女を追ってこなかった。失意のクレアを暴漢の車が襲うが、そこから救ってくれた男タッグは、彼女がいつも思い描いている夢の海賊のようだった。("Midnight Fantasy" by Ann Major,2000)



『忘れられない一夜の物語』の一編。
 うーん、これも……何だかヒロインがいまいち……。
 ていうかこれは、姉と婚約者が悪いんじゃないか? この二人は結婚式当日に破局したそうですよ。そんな状況なのに、その妹と結婚しようって思うこと自体、よくわからん。心から愛し合ってるわけでもないのに。姉と親戚になっちゃうっていうのに。あてつけ?
 一番悪いのは、とにかくはっきりしないこの二人です(もしかしてスピンオフとかあるのかな? あんまり食指が動かないけど)。そして、それに巻き込まれた妹(ヒロイン)は気の毒だが、本人も優柔不断過ぎる。母の意見に流されないで、冷静になって考えれば「やめた方がいい」って普通思うだろう? 姉がしでかしたことへの配慮(償い、世間体諸々)だとすれば、それこそお門違いもいいところ。それ以外、何も縛るものなんかないのに、視野が狭くなりすぎてる。
 だから、そんなヒロインにひとめ惚れしてしまったヒーローが一番気の毒(・ω・`)。振り回されてかわいそう……。もう「やめとけっ!」としか思えなかったね。
 あ、でももしかして一番気の毒なのは、姉妹両方と婚約してあげく、両方からコケにされた婚約者なのかもしれないけど──やっぱ自業自得だよねー(´∀`)。
(★★)
web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★☆ ロマンス映画 ★★★☆ ★★★ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ヒストリカル ライムブックス ★★★★ ★★★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫