Top Page › 読書の感想 › シャロン・ケンドリック › ◆『誘惑されたシンデレラ』シャロン・ケンドリック

2009 · 05 · 29 (Fri) 14:39

◆『誘惑されたシンデレラ』シャロン・ケンドリック

◆『誘惑されたシンデレラ』シャロン・ケンドリック(ハーレクイン)
 タブロイド紙記者のジェイドは、仕事のストレスを癒すためにギリシアの島に来ていた。しつこい若者たちに言い寄られて困っていた彼女を助けたのはコンスタンティン。強引な彼の誘いに反発しながら、強く惹かれていくのも止められなかった。("Savage Seduction" by Sharon Kendrick,1995)

『地中海の恋人』の一編。
 定番中の定番、ラテン系傲慢ヒーロー対ヴァージンヒロインのお話。
 ヒロインが、よく知り合わないうちにぼやかして言ったことがいつの間にか「計画的についた嘘」に発展したり、セクハラされているところを見られて誤解され「ヴァージンだと信じ込まされた」と責められたり、ヒーローが金持ちすぎるためにことが大きくなってなぜか「結婚しなくちゃならない」と言われたり。
 どこかで見たようなエピソードのオンパレード! けど、ただヒロインを責めるばかりでなく、冷たくしようとしてもすぐに挫折してしまうヒーローのメロメロぶりがよく伝わってきました。ありふれたものでも、安定感のある作品。
(★★★)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント