01
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

●『嘆きの城』デボラ・シモンズ

●『嘆きの城』デボラ・シモンズ(ハーレクイン文庫)
 田舎の郷士の娘クレアは、14歳の頃、堀に囲まれた城の持ち主ワージントン侯爵ジャスティンに恋をした。しかし彼は幼いクレアを相手にせず、彼女の心を傷つける。4年後、美しく成長したクレアは、相変わらず放蕩三昧のジャスティンと再会する。("The Squire's Daughter" by Deborah Simmons,1994)



 ヒーロー、自覚なしのメロメロ状態で、それ故、再会したあともヒロインをだいぶ傷つけます。二人がお互いの気持ちを確認しあうまでは、切なくてじれじれ。王道のすれ違いものです。
 が、途中で話はヒーローを苦しめている過去の出来事の追及に転げていきました。私としては、すれ違いを最後までひっぱってってくれてもよかったのになあ。謎の解決も、何だかとっちらかったまま終わってしまった……。その事故(自殺?)がヒーローのせいではない、と割と早い段階でほのめかされるんだけど、それがわかれば充分って思ってしまってね。ヒロインの行動が軽率にも見えて、その原因になってる謎がちょっとうっとうしく感じてしまった。なくてもよかったんじゃないかな、とも思ったよ。
 けど、前半はツボだったなあ。
(★★★)
web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル ハーレクイン(文庫含む) ★★★

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    12月 | 2020年01月 | 02月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★☆ ロマンス映画 シリーズ 創元推理文庫 ロマンス以外 ★★★★ ラズベリーブックス ヒストリカル その他の出版社 ★★☆ 資料用 サスペンス/ミステリ ハーレクイン(文庫含む) コンテンポラリー ★★★★☆ MIRA文庫 ★★★ ライムブックス 扶桑社ロマンス 新潮文庫 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫