Top Page › 映画の感想 › 新作の感想(2017) › □『ジャスティス・リーグ』

2017 · 11 · 25 (Sat) 09:22

□『ジャスティス・リーグ』

『ジャスティス・リーグ』"Justice League" 2017(11/23公開)
 自らを犠牲にして世界を救ったスーパーマンを目の当たりにいたバットマン/ブルース・ウェインは、再びの世界への脅威を迎え撃つため、ワンダーウーマン/ダイアナ・プリンスとともに超人たちを集めようとする。(監督:ザック・スナイダー 出演:ベン・アフレック、ヘンリー・カヴィル、ガル・ガドット、エイミー・アダムス、エズラ・ミラー、ジェイソン・モモア、他)

 あらすじが、適当になってしまった……。
 敵は宇宙からやってきたステッペンウルフ。マザーボックスという三つの箱を手に入れようとしている。三つ集めると、強大な力が手に入るという──。
 監督がザック・スナイダーと聞いた時から「うーん(´・ω・`)」と思っていたのですが、やはりこの人の作品は合わない──と言いつつ、一本を除いて全部見てる。なんでや(゚д゚)!
 DCユニバースは、どうもなんだか乗り切れなくてねえ。決して面白くないわけではないんだけど、何かしらにオマケしてようやく、という評価のものも多く、手放しで「面白い!」「おすすめ!」と言えるものがない……。『ワンダーウーマン』しかない(忘れていたなんて! なんかユニバースとは別物みたいに思ってたよ(´ω`;))。
 マーベルと比べるなと言ってもそれは無理な話だと思うしなあ。マーベルの派手さと比べると、どうしても「地味」と思えてはくる。しかし、地味には地味のよさもあるんですが……そこがなかなか見えにくい。
 今回の場合、集められた超人たちの魅力がイマイチだったのではないか、と。ワンダーウーマンはいいですよ、とっても。この人だけって感じがする。バットマンも、ベン・アフレック版のってあんまり好きになれないんだよなあ。あとのアクアマンもサイボーグもなんかインパクト少ない……。フラッシュは、能力もキャラもかぶるものがあって、ちょっとかわいそうだなあ、と思ってしまう。ただこの人の「ペット・セメタリーだ!」って言うところが、わたし的には一番面白かったところなんですが(´ω`;)。
 そしてお話もね──結局はスーパーマン頼りなんだなっていうのもね……。まあ、この人いないと、っていうのもわかるけど……DCのヒーローは、あまり共闘しない方がいいんじゃないか、と思ってしまったよ。ていうか、ヒーローたちを共闘させるというより、なんだか昔なつかしの「オールスタームービー」みたいな雰囲気があって、それぞれに見せ場作らないといけないからバランス悪くなるっていう……それを彷彿させる。
 マーベルと比べてなんとか、と言われるのがかわいそうで、正直あまりけなしたくもないんですけど、ヒーロー映画にあってほしいワクワク感とか燃える展開とかが、ほとんど感じられなかった。ストーリーもわかりきってるのは仕方ないと思うんですよ。だってヒーロー映画なんだもん! それを超える熱意が欲しいのに、私には伝わってこなかった。けど、ワンダーウーマンにはオマケしますよ。ほんとにこの人、いいよねえ。あとは「ペット・セメタリー」にもオマケだ!
 ザック・スナイダーの映画、いつか『ドーン・オブ・ザ・デッド』を超えるものが出てくるかな……。これは好きだけど。でも、ゾンビを走らせた罪は重いとは思うのであった(´・ω・`)……。
(★★★☆)
[Tag] * ★★★☆

最終更新日 : 2017-12-03

Comments







非公開コメント