Top Page › 映画の感想 › 新作の感想(2017) › □『怪盗グルーのミニオン大脱走』

2017 · 12 · 13 (Wed) 14:29

□『怪盗グルーのミニオン大脱走』

『怪盗グルーのミニオン大脱走』"Despicable Me 3" 2017(Blu-ray)
 新たな敵、バルタザール・ブラッドを取り逃がしたグルーは、反悪党同盟をクビになってしまう。再び悪党の道へ戻る、とミニオンたちは期待するが、グルーにその気はない。ミニオンたちはグルーに失望し、家出をする。そんな折、グルーに双子の弟ドルーがいると知らされ、妻のルーシー、娘三人とともにドルーの屋敷へ招待される。(監督:カイル・バルダ、ピエール・コフィン 声の出演:スティーヴ・カレル、クリスティン・ウィグ、他)

 吹替で見たんで、グルーとドルーの声は別だったのでした(原語だと両方スティーヴ・カレル)。
 いつもどおり楽しいんですが、ちょっとミニオンの出番が少ない……。タイトルどおり「大脱走」もするんですが、お話はあくまでもグルーとドルー中心。うーん、ミニオン好きな私としては、ちと残念。予告CMなんかでのあのミニオンの推し方はどうなの!? と今更思っちゃったよ。まあ、仕方がないと言えば仕方ないし、日本の宣伝はいつもこんなんですが、やはり足元見られている感じがしてモヤモヤ……。
 お話の構成も、三つ(グルードルーの双子、バルタザール・ブラッド、ミニオン)にバラけている気がしました。けどそれは、私がミニオンをひいきしているからバランス悪く思えたのかも。あとドルーのキャラをどう見ればいいのか、最初の方ちょっとわからなかったというのもある。裏があるのか、それとも見たとおりに能天気なのかっていうのが、判断つかなくてね(´・ω・`)。悪役のバルタザールも、'80年代の人っていうのは面白いんだけど、あの痛さが身に染みる年代でもあります(ノ∀`)。
 子供のような素直な鑑賞眼で見れば、また全然違う評価になるはず。
 でも、不満はありつつも楽しいことは楽しいのです! 「ミニオンの出番が少ない」というのを承知で見てください。
 あとは『ミニオンズ2』に期待。
(★★★☆)
[Tag] * ★★★☆

最終更新日 : 2017-12-13

Comments







非公開コメント