09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
23
24
25
26
27
28
29
30
   

◆『ダイヤモンド・ガール』ダイアナ・パーマー

◆『ダイヤモンド・ガール』ダイアナ・パーマー(ハーレクイン文庫)
 法律事務所の秘書をしているケナは、上司であるデニーの兄・リーガンが苦手だった。デニーに想いを寄せているケナだったが、彼は新しい恋人マーゴに夢中で、ケナなど眼中にない。それをリーガンに知られ、なおかつおかしな頼み事までされてしまう。「弟を誘惑して、マーゴから奪え」──そのための出費や立ち居振る舞いのレッスンも、彼が面倒見るなんて……。("Diamond Girl" by Diana Palmer, 1984)



 最近、会社や業界でのセクハラやモラハラなどにこれまでにないほどスポットが当たっているので、割とそういう導入が多いハーレは読むと微妙な気分になりそう、と思ったりしています。
 そういう問題が注目されるのはとてもいいというか、必要なことだと考えているし、ロマンスはファンタジーなので、あくまでエンタメとして割り切って読むのが正しいと思ってはいますけれども、この作品なんかモロにそうでね(´ω`;)──「お、おう……」と声が出てしまいそうでした。
 とはいえ、昔読んだ時も微妙だった……。だって、ヒーローのリーガンの言い草がひどいというか、意地悪なんだもん。

「お前が不細工だから、ダニーを振り向かせられない」

 って言ってるようなものでね。ヒロインのケナはとても傷つくわけです。自信もセンスもないことを気にしているけど、仕事は優秀だし優しい、そんな自立して生きている女性に対し、どうしてお前が現実をぶつける筋合いがあるのか、と。
 そりゃタイトルどおり、磨けば光る女性、というのは実際にたくさんいると思いますよ。他人から見れば「残念な人」と言われちゃうような人。現実をぶつけないと変われない人もいるし、ちょっとの言葉で変われる可能性もなくはない。
 まあ、ロマンス的な解釈をすれば、「弟を誘惑しろ」っていうのは建前で、本当は、
「磨けば光るのに、もったいない(゚Д゚)!」
 という気持ちからついきつい言葉を浴びせてしまった──ということなんでしょうが、やっぱりロマンスでしか許されない設定だわー(´ω`;)。ケナが好きになってくれたからいいようなものの、本当にただの上司としか思ってなかったら、しゃれにならないセクハラてんこもりですからね。デニーのことを好きってわかってて利用もしているから、モラハラも入ってる。
 百歩譲ったとしても、「もうちょっと言い方あるだろ(#`ω´)」という文句までは消えない。
 また弟の恋人マーゴに対して「金目当ての女らしいから」みたいな言い方もしてて、ろくに調べもせず、華やかな印象だけで決めつける。金持ちの傲慢さも上乗せされたリーガンにまったく魅力を感じられない。
 と、再読してもやっぱり変わらなかったのでした。やっぱこいつ嫌いだわー。古めのハーレに前時代的なヒーローが出てくるのは仕方ないですけどねー。
(★★☆)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★☆ ロマンス映画 ★★★☆ ★★★ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ヒストリカル ライムブックス ★★★★ ★★★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫