09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

■『ベイビー・ドライバー』

『ベイビー・ドライバー』"Baby Driver" 2017(Blu-ray)
 天才的な運転テクニックを持つベイビーは、幼い頃の事故の後遺症である耳鳴りをごまかすため、常に音楽を聞き続けている。強盗犯たちを乗せ、警察から逃れる“仕事”の時もヘッドホンを手放せない。彼はかつて暗黒街の大物であるドクの車を盗み、それを償うためにその“仕事”を続けていた。そして、ついに次の仕事が最後だと言われるが──。(監督:エドガー・ライト 出演:アンセル・エルゴート、ケヴィン・スペイシー、リリー・ジェームズ、ジョン・ハム、ジェイミー・フォックス、他)



 見終わってすぐにサントラを買ってしまった……。
 おそらく流れている曲の歌詞がわかるともっと面白いはずです。見ようかな、と思う人は、ぜひともサントラに入っている分だけでも予習しておくといいと思います。が! おおよそ30曲(本当はもっとあるらしい)もの和訳をすべて憶えるのは、よほどの記憶力がない限り無理──というのは、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス』で(私は)わかってる。ああ、英詞を聞いてすぐにわかる程度の英語力がほしかった……orz
 まあ、わからなくても面白かったので、予習なんて必要ないね!(身も蓋もない(´ω`;))
 ベイビーの境遇は、不運の連続という感じです。幼い頃に遭った交通事故で両親を亡くし、自分も後遺症に悩まされている。里親のジョーは優しい人だけど、耳と足が不自由で今はベイビーが面倒見ている。あまりにも運転の才能があるが故にやってしまった子供時代の過ちから、ドクに強制的に犯罪の片棒を担がされることになってしまう。
 そんなベイビーも好きな女の子ができて、なんとか今の生活から足を洗おうとするんだけど──というお話です。「次が最後の仕事」というフラグが立ったとおり、そう簡単には行かない。
 気になるところがないわけじゃない。でもこれって、アクション映画のふりをしたミュージカル映画なんだよね。だから、たとえばケヴィン・スペイシー演じるドクの心変わりが唐突だったりしても、ミュージカル映画だと思えばさほど気にならない。映像と音楽が見事にシンクロしてさえいれば、サイコ野郎が話を引っ掻き回しても、人がバンバン殺されても問題ないのです。見終わってサントラ買わせたんだから、大成功ですよ!
 ラストもミュージカル映画らしいラストです(踊ったりはしない)。後味悪かったらどうしよう、とちょっと不安だったけど、そういうことにはならなくてよかったわ(´;ω;`)。
 
 エドガー・ライトって『ショーン・オブ・ザ・デッド』の監督というのは知ってたけど、『アントマン』の脚本も書いてたのね。これらは面白かったけど、寝てしまった『タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密』の脚本もやってたとは──いや、これは脚本のせいじゃないな、多分(´ω`;)。
 そしてベイビー役のアンセル・エルゴートって2013年版『キャリー』でトミー役を演った人だったんか(゚д゚)! ごめんよ、「イケメンじゃない」とか言って。これはウィリアム・カットと比べてってことだから! 私は個性的な俳優さんの方が好きだから! 運動能力も高めだしまだ若いので、これからがちょっと楽しみ。
(★★★★)
web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★ ロマンス映画

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫